FC2ブログ

08月 « 2020年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

ネコパブリッシング(ホビダス)創意工夫103系を弄る モハ102、103ユニット編⑧16番(HO)

2016年 08月26日 00:50 (金)

台風マークが連続で天気図に載るようになり、また仕事終が終わり外に出るとだいぶ暗くなっていたりすると、いよいよ秋が近づいているんだなーと思うこの気持ちは年齢を経ても変わりません。一方で電気代も掛からなくなり、おいしい酒の肴もどんどん出てくるので秋の夜長もそう悪く無いものですが、これは大人にならないと分からない所かも知れませんね。

さて、先日は先頭車のお話をしましたが、同じく塗装前に装着可能な部品を全て取り付けが完了したモハユニットをお目に掛けます。
まずはモハ103。
IMG_8943改
IMG_8945改
主電動機の吸気口をエコーモデル(NO2617)に置き換え、ドアコック蓋はKS(NO870)、号車札入れをKS(NO854)で追加します。そして車側灯をウェーブのリベットで付け直しするのは、クハの時と同じです。
床下機器ですが、基本キットのパーツのみですが、写真から一部箱の取り付け位置を直している為説明書通りでは有りません。以前の記事にも書きましたが、抵抗器の吸気口とブレーキユニットはおゆまるで型取りした雌型にポリパテを詰め込んで作ったコピーパーツです。
主幹制御器はそのまま取り付けると腹を擦らんばかりになるので、床、機器ともフラットにしてイモ付けします。こうすると横の断流器と高さも揃いイイ感じに収まります。
そしてモハ102。
IMG_8944改
IMG_8946改
車体に関してはモハ103の準拠しますが、床下の大型MGの関係で車体中央寄りにもグリルが付き、グリルに翻弄された車側灯がモハ103とは違う位置に付いています。
IMG_8800.jpgIMG_8831.jpg
モハ102はカツミのパーツを奢りましたので、床板もそれなりの策を講じる必要が有ります。床板の取付爪とボルスターを生かす為、それ以外の場所をt=1.0㎜プラ板に置き換え、件のパーツはビス止めします。パーツの位置決めはM、M’とも共通位置のブレーキユニットを基準にします。奥行きは車体寄りから6.5㎜程です。台車は日光のDT33を。DT33は車輪径が大きいのでワッシャーを介さず取付。
IMG_8951改
連結面に昇降ステップを足しましたが、真鍮線植込みで作るには地味な場所なので、0.5㎜角のプラ材を貼り付けてお茶を濁しました。
後は動力の取り付け等々、説明が必要ですが、今回使用予定の花園のパワートラック、WB28.7が品切れ中なのでこれは後日ということで・・・

そして塗装を始めるにはまだ暑いですから「秋の夜長の楽しみ」としましょう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント