FC2ブログ

08月 « 2020年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

とれいん紙成模型塾 西武351系に挑戦②

2020年 08月18日 13:53 (火)

今週は西武351系の続き、サハ1311です。

前回は曲げ癖を付けて車体になる感覚を身に付けましたが、今回は窓を抜く作業が待っています。
 IMG_20200513_115213.jpg
窓を完全に抜いてから曲げ癖を付けても、抜いた所の戻ろうとする力が働くのは何となく想像が付きますから、この段階できっちり癖を付けておきます。
 IMG_20200513_115129.jpg
側板を金尺で固定し、屋根側を持ち上げる感じでしょうか。屋根のRの立ち上がり箇所はきつめに折り曲げる感じです。
 IMG_20200509_113449.jpg
窓抜きを開始しましたが、なかなか綺麗に抜けません…
自分はポピュラーなカッターナイフで抜いていく方法ですが、最初から窓幅に合わせてカミソリの刃を折り、専用の治具を作る方法も有るそうですが、修練のつもりでカッターで抜いて行きます。
 IMG_20200509_160929.jpg
ドア部分のRはパワーグリップの力を借りますが、実験の結果、最初から目的のRのノミを使用するより、大雑把にR化する場所を残し、小さめのRのノミで削りとる方が、自分ではやり易いようです。
 IMG_20200509_162056.jpg
側面の開口部は全て抜けました。
普段なら金属定規を使いますが、隠れてしまう部分が多くやり辛くて仕方が有りません。ダメになったら捨てるのスタンズで透明なプラスチック製の物に替えたら調子がよくなりました。このへんも従来の作業方法とは意識改革が必要なようです。
 IMG_20200509_165343.jpg
定規の種類や定規を当てる位置、刃の状態でかなり仕上がりを左右して、均一に仕上がりません。慣れているプラならヤスリで修正で終了なのですが、紙はそうも行きません。御しがたい…
 IMG_20200509_164743.jpg
とはいえ全くヤスリが使えないという訳でもなく、妻面の肩部R出しなんかはヤスリで追い込んだ方が綺麗になりそう。

いやー、紙に慣れるまでには暫く時間が掛りそうです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント