FC2ブログ

08月 « 2020年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

KATO HO(16番)EF58をどこから見ても122号機に④

2020年 07月27日 10:37 (月)

オリンピックが行われる筈だった四連休、皆様如何お過ごしだったでしょう?私は有りがたく仕事だったので無問題、こうしてのんびり明けでブログの更新などしております。客商売も悪くないですね♪
色々と寄り道をしましたが、久しぶりにゴハチの更新をします。外部からの圧が…
 IMG_8301.jpg
オデコの修正が終わり、ボナのヘッドライト:品番PH-028を瞬間接着剤で取り付け、同時に毛細管現象で隙間埋め、それでも出来るピンホール対策にポリパテを塗り込みます。この後、車体裏側からヘッドライト本体にドリルで穴空け、リューターで拡大を行い、導光材が通る様に対策し点灯化準備を施します。
製品の目玉焼きの様なテールライトは削ぎ落し、これもボナのPH-029を取り付けます。取り付け方が特殊で、挽物の本体を先に付け、ビス表現のフランジを後付けするというシロモノ。先の本体をあんまり出っ張らせ過ぎるとイメージが崩れるという気が抜けない製品です。その代わり、フランジが車体に沿うので実感的に仕上がります。
 IMG_8298.jpg
その他の屋根上の加工状況です。
金色に目立つパーツはPH-40 EG機パーツセットに封入されている大型ダクトです。取り付けの前にSG用の給水ハッチには御退場頂いてますが、仕上げを一寸荒くしてそこに何か有った感をだしてみました。完全に自己満足の世界ですね(笑)
避雷器もパンタがPS15に変わり、タスキ部が干渉する事からキャブ側に移動させます。当該個所には穴を空け、プラ棒を埋設。移転に備えます。
 IMG_8299.jpg
車体中央のモニタールーフ。この号機はHゴム支持のタイプに設計変更されたものなので、これもボナPH-043を用いて表現。
本来の使用形はサイドをくり抜き、当該パーツを嵌め込むという物ですが、サイドをパーツの厚み分削り、貼り付け上部と左右を面取りして馴染ませる加工だけに止めました。良く見ると元のモニター窓がほんの少し顔を覗かせますが、塗装するとほぼ判らないだろうという判断と、その加工の為に嵌め込みのメリットをスポイルするのは得策では無いと考えた為です。
 IMG_8305.jpg
PH-031ディテールアップパーツセットにはほ丁寧に避雷器の土台パーツが有りますが、そのままでは薄くてどうにもならないので、0.5㎜のプラ板と合体させます。
 IMG_8315.jpg
全てのパーツを取り付けサフをまぶします。タミヤのスーパーサーフェーサーを用いて同時にプライマー処理を完了させます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント