FC2ブログ

08月 « 2020年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

西武351系引退から今日で丸30年。

2020年 06月23日 12:19 (火)

30年前の今日1990年6月23日、西武鉄道最後の釣り掛け電車として3編成残されていた351系のさよなら運転が行われました。
多摩湖線の国分寺駅が狭小地に有り、大型車の入線を拒み続けた結果でしたが、区画整理を伴う駅の改良が完成し、20m級車体の4連化が行われ役目を終えました。引退のヘッドマークを掲出していた期間の沿線は引退を惜しむファンで大盛況だった様ですが、この時分は多摩地区から離れていた為、残念な事に自分で撮った写真が有りません。
直接乗る機会は遊園地の花火を見に行く時程度でしたが、小学生の頃、通学途中の中央線の窓から上を見ると、競輪の看板の脇からちょこんと顔を出すクモハ351の姿を今でも思いだします。
 IMG_20200415_081213.jpg
実車の最後は見送れませんでしたが大好きな西武電車、Nゲージでは鉄道コレクションの第4弾が発売された時、大井川の312系を三扉化とクハ1311をアルミサッシ化する事で一編成錬成しています。
 IMG_20200623_110732.jpg
これは雑誌にも載せてもらった自慢の車両でもあります。
    IMG_20200415_081454.jpg
が、鉄コレの商品展開の細分化の影響か、プラ製品では望むべくも無いと思っていた旧型車がどんどん製品化、351系もお手頃価格(今はだいぶ高くなりましたが…)で製品化されたのを見るにつけ、もうNは改造して云々というジャンルじゃないんだな…とも思った次第。
 IMG_20200417_111957 (1)
先日、会社の同僚から「前にあげた西武351はどんな感じ?」という話になり…でしたが、そう、彼の言わんとする所は、3年前に渡したとれいんに付属の形紙はどうなった?という事でした。未だ平面のまま塩漬けになっているとは言い難く、不足する反対側の先頭車と作り方を学ぶ為、Amazonでとれいんのバックナンバーをぽちったのは言うまでも有りません。
実車の引退から30年、我が家の鉄道に3編成めに大きな351系が登場予定です。慣れない紙という素材相手ですが試行錯誤取り組んで行きますので、宜しくお願いいたします。
 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント