FC2ブログ

08月 « 2020年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

KATO HO(16番)EF58をどこから見ても122号機に①

2020年 06月14日 17:05 (日)

中国での生産が主になって久しい世界の鉄道模型事情、日本とて例外では有りません。コロナ禍の影響は鉄道模型にも及び、生産が遅れている物も出ている様ですが…肌感覚では意外とコンスタントに発売されており、中国の底力を感じています。
会社帰りに模型店に立ち寄ると、トラムウェイのEF58の追加ラインナップが店頭に並んでいました。近々発売になるサロンエクスプレス東京を意識したラインナップで末期は東京機関区に居た160号機、同じく浜松機関区に残り、最近まで動態だった157号機と形態の近い釜がターゲット。上手い商品展開です。持っていなければ食指も伸びる所でしたが、Hゴム窓、青いゴハチはKATOの改造で賄ってしまいました。完成品には負けないゾ!という事でその加工の様子を紹介して行こうと思います。
 IMG_8267.jpg
旧型客車を引ける旧型電機はEF57を持っている。EF5861も間違いじゃない…でも同じEF58でも普通の青いゴハチが欲しい…
機関車好きの方ならご存知だとは思いますが、172両作られたEF58、途中の仕様変更、製造所毎の差異、所属区、装備の交換…それら要因により晩年は全く同じ形態の機関車は無いというカオスな状況に…KATOの完成品ももはや該当する形態が無いという「想像上」のEF58状態…
手持ちのEF57と並べられて旧客も引け、最近の客車や将来制作予定のジョイフルトレインも行ける。それでいて青い…そんな調子の良い機関車…
居ました。東京機関区から宇都宮機関区に転属した際にHゴム化と電暖改造。89号機と共に最後の活躍…と思われたが静岡に転属、そのまま新会社に引き継がれた最近まで生き残った好運機…そうEF58122号機です。こんな便利でぱっと見は普通のゴハチを逃す手は有りません。
思い立ったが吉日、オークションでジャンクのKATOのEF58を落札したのでした。
パンタが歪んでいたりしましたが、どうせ使わないのでOK!!
 IMG_8273.jpg
一週間ほどイソプロピルアルコールに漬け、歯ブラシで擦り、強靭な被膜を落としで素ボディーになったKATOのEF58大窓青。
HDDの中から参考になりそうな写真を発掘して、これからKATOのゴハチが小窓Hゴムに化ける様をKATOのゴハチを格好良くしたい方向けにご案内して行きます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント