FC2ブログ

08月 « 2020年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

貨車の魅力凝縮、ワフ

2020年 06月06日 19:03 (土)

元々出不精な性分、最近はとんと御無沙汰ですが、写真データを漁ってみると…昔は頑張って出掛けていたんだなーと思う次第。

今回はワフという事で、三岐鉄道を撮影しに行った折に立ち寄った丹生川駅に有る貨物鉄道博物館の収蔵車両を見てみようと思います。
 IMG_5185.jpg
ワフ21000。
私が訪問した時には整備途中で車番も無い状態でしたが、元は昭和一桁生まれの緩急車で、昭和50年代に西濃鉄道に譲渡、車掌車としてではなく同鉄道の支線部で行われていた推進運転時に乗務員が前方確認を行う事を目的としていた為、警笛を備えた変わり種です。
 IMG_5182.jpg
外観は概ね原型を保っており、往時を偲ばせるリベット組みの車体は素晴らしいの一言。最近では尾灯も点灯するように復元された様です。
同じ車掌を乗せる車両にも関わらず、車掌以外に貨物を乗せられるこの形態の車両はあくまで緩急設備を併設した有蓋車、なのでワフ。車掌車は車掌を運ぶ?設備しか無いので種別でヨ…
とは云えこのワフ、小さい身体にディテールが凝縮、これ一両を機関車に繋いだだけで列車としての体裁が整ってしまいます。そんな美味しい車両、手元に置きたくなりますよね♪

で、ここからは模型のワフのお話。
上記のワフ21000に近いプラ製の車両としてはホビーモデルのワフ22000製品化されていますが、ちょっとクラシカルな印象…
 IMG_20200530_071149.jpg
そこで購入したのはエンドウのワフ29500の登場です。ワフとしては後半の形式なので近代的な機関車にも似合います。
16番(HO)でワフは完成品が有りません。有りがたい事にプラモデル形式でホビーモデルとこのエンドウ製で手軽に手に入れる事が出来ます。
基本、素組みで全く問題有りませんが、少し自分なりに味付けをしていますので、その辺りを少しお話しましょう。
本当は制作経過をご案内出来れば良いのですが、旧作の為写真が無いのでご容赦下さい。
 IMG_20200530_071240.jpg
比較の為、KATOのヨ5000、さすがのKATOさんキャンバスの継ぎ目まで表現。
私の模型作りのコンセプトは市販品と並べて違和感を少なくする。その為に完成品のパーツを盛り込みます。
 IMG_20200528_161216.jpg
テールライトもオプションで点灯化してしていますが、集電に一工夫。取説通りに組むと前後の車輪から±の集電を行う様になりますが、真鍮線で集電靴を作り、チラつき防止の為全軸集電を行っております。
 IMG_20200530_071834.jpg
この車両ではベンチレーターと手摺はあえてヨ5000のパーツを用いてみました。屋根と車体で黒色の調子を変えてキャンバス貼りを表現。何故か車体側面の雨どいが省略されているので、これはエバーグリーンのプラ材で補っています。
 IMG_20200530_071845.jpg
小奇麗に仕上がってご満悦です。
先週のおさらいになりますが、こちらのワフは標識灯に白帯を入れてません。つまり石炭ストーブの車両という事ですね。

実車のワフ29500は近所に保存車は見掛けませんが、ヨ5000は意外や意外、23区内に有るようなので、今度見に行ってみる事にします。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント