FC2ブログ

08月 « 2020年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

天賞堂T-Evolution クモヤ145で遊ぼう③

2020年 01月03日 22:48 (金)

2020年一発目の更新、今回もクモヤ145の続きです。
かつては電車区にはかならずと言っていい位転がっていたクモヤの類ですが、209系以降のインバーター車の台頭、車両管理のユニット毎の管理から編成毎の管理へと変更されるに従って、工場への入出場は勿論の事、電車区内の入換えすら無くなり存在意義が薄れ、国鉄車がまだ目立つJR西日本以外でJR東海では全廃、JR東日本管内では豪華版のクモヤ143が2両、クモヤ145がわずか1両と風前の灯…
   IMG_0232 (1)
手軽な16番製品が発売されたのに何とも悲しい状況…もう実物は近所で見られない…と思ってしまいがちですが…
近場に有ります!! 
 IMG_0229.jpg
ご存じの方も多いとは思いますが、ここは武蔵野線の新秋津にあるJR東日本八王子訓練センターです。
車籍は無く機械扱いですがクモヤ145が存在しています。
乗務員さん、係員さんの大掛かりな研修施設で、他にも209系を改造した教習車も存在し、このクモヤとの連結訓練なども行われている様です。
 IMG_0231.jpg
ここで使われているクモヤ145はかつて三鷹電車区に所属していた118号です。
118号と言えば、豊田の117と並びPS23パンタグラフをのせた中央線臭がプンプンする個体でしたが、同じく三鷹電車区に所属していた115号を長野に廃車回送する際、パンタグラフを振り替えた為にPS16が鎮座しています。
 IMG_20191211_144450.jpg
場所が非常に特殊で、およそ撮影には不向きな場所ですが、それ故に屋上の観察はしやすく?なっていますので無茶な体勢で撮ってきました。
   IMG_20191211_144512.jpg
勿論、冷房などという軟派?なものは無く、ベンチレーターとメイン側のパンタ周りを観察。
この118のベンチレータは屋根の傾斜に沿って取り付けられていますが、現役で残る107号は並行に着く様に直されています。製品を弄る人はこの辺りを表現すると楽しいですね。
 IMG_20191211_144538.jpg
母線の引き通しは意外とヘロヘロしていますね。
 IMG_20191211_144602.jpg
副パンタ側の屋根に到着。無線アンテナを付ける人は位置の参考になるかもですね。
車体修繕の際にビニールキャンバス貼りから塗り屋根に変更されているので、パイピングと屋根との色の差が判り難くなっています。

さて、残りの正月休みでもう少しクモヤと戯れてみましょうかね♪
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント