FC2ブログ

08月 « 2020年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

KATO HO(16番) 12系客車にお手軽加工でTNカプラーを。

2019年 07月17日 11:57 (水)

先日ヨドバシのプチ模型ショーを見たときに店の在庫に12系が有るのに気付き、そういえばEF651000前期と共に、久しぶりに再生産されていたなと眺めていました。
この製品はKATOが日本型HOをプラで始めた記念すべき製品で有ると同時に、汎用性の高さから持っていない人が居ないんじゃないかと思う程普及している車両でしょう。それでも再生産の度に売れるのは凄い事です。
我が家には黒染め車輪になった最初のロットの物が1編成有ります。
 IMG_20190717_103219.jpg
同じく黎明期に発売されたDD51(800番台改造車)と編成してみました。30年以上前の発売ながら、現在でも見劣りしない設計には舌を巻きます。
とは云え、そのまま組成すると連結面の広さが気になるご仁も多いのではないでしょうか?勿論ショート機能を活かすドローバーが付属しているのは承知していますが、見た目も微妙なので使用しない方が多いのも事実。
 IMG_20190717_102302.jpg
そこで取り付けてみたのがTOMIXのTNカプラーです。勿体ぶるほどの事では無いのは重々承知していますが、手間を掛けないでという所がミソです。後で止めたくなった時に現状回復も容易です。
 IMG_20190717_103500.jpg
TNカプラーを用意します。車体取り付け用の爪をニッパーで切り飛ばし、ヤスリで平らに仕上げます(見えなくなるのでざっくりでOK)。
 IMG_20190717_102854.jpg
カプラーのナックル部内側の爪もナイフで取り去ってしまいます。ガッチリは連結されなくなりますが、寧ろ編成をバラす時に鬱陶しいくらいなので、この固さでも良い気がします。
副産物としては殆どの自連、密自連型の連結器製品と混結可能になります。
 IMG_20190717_102807.jpg
下準備としては床板に組み込まれているドローバーの受けを外しておきますが、出来た連結器のユニットをゴム系接着剤で貼り付けます。ネジやドリルは一切使いません。
床下から胴受けまで0.5㎜ほどせり出した位置がちょうど良かったですが、本番前に両面テープで仮組して好みの寸法を割り出す事をお勧めします。
この加工を施して8年経っていますが、走行解放もユニットごと外れるトラブルも一切有りません。連結間隔が詰まるだけでも魅力アップの12系お手軽加工でした。

それにしても日本の接着剤は優秀です。もし外したくなったらどうすれば良いかですか?ご安心をタミヤのX-20エナメル溶剤を沁み込ませると、そのうちポロンと取れます♪
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント