FC2ブログ

08月 « 2020年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

最終章 タキ43000を16番(HO)で極める? 保安対策車編④

2019年 06月22日 16:44 (土)

さて、一週の猶予を頂きましたが、今回はいよいよタンク体にメスを入れて行きます。とは云え、実際にメスを入れる程繊細な素材ではないのはお気付きの通りですが、はて、どうすれば綺麗に、損失が少なく再利用が出来る状態で加工できるか考えました。
そこで用意してみたのが…
IMG_20190622_160848.jpg IMG_20190622_160859.jpg
ダイソーで買った切断セットとやらを手持ちのリューターと組み合わせ切り出そうという魂胆♪
試し切りをしてみると、直線が出ないのと、ガイドに使った定規まで切り込みが入るという状態、摩擦熱でプラは溶けるはで凡そ使い物になる状態では有りませんでした。
  IMG_20190208_093316.jpg
結局原点回帰、カッターナイフで何度も切り込みを入れて行くスタイルが一番確実という結論に至りました…
円筒を正確に切るのは一筋縄では行きません。刃が滑らない様にガイドとしてステンレス定規をテープで止めて、余計な力が入らない様に只管刃を走らせます。
  IMG_20190208_095858.jpg
そうそう、目指す形に切り取れました。もう、後戻りは出来ません(笑)
  IMG_20190208_111144.jpg
図面に合わせて配置を入れ替えます。
カッターで切り取った事により損失も少なく、大きな修正も要らない状態で配置が変更出来ました。
  IMG_20190208_111137.jpg
とは云え、緩いのでそのまま取り付けると内側に落ち込みますので、割り箸を適当に切り、ガイドにする事で面一にした所を瞬間接着材で固定します。
  IMG_20190208_125115.jpg
固着を確認したら、隙間を埋めて行きます。
適当なプラ板やプラ棒を押し込んでガチガチに固定します。ほんと適当です。

次回は要らない窪みや出っ張りを処置して行きます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント