FC2ブログ

08月 « 2020年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

多磨軍事史跡散歩

2019年 02月05日 17:14 (火)

かかり付けの医者というのは変えるのがめっぽうめんどくさいもの。引っ越してから大分経つのに、今も薬をもらう際は府中くんだりまで足を伸ばします。
寒暖差があり、体調を崩した人が多いのか待合室が大変混み合っており、近所の公園を散歩することにしました。
 IMG_20190205_113024.jpg
住所は府中ですが、かつて住んでいた所の道を隔てた反対側は調布飛行場が真横です。奥には味の素スタジアムが見えます。
昨日だったら空も綺麗だったでしょうが、今日は寒々しい様相。
 IMG_20190205_111401.jpg
かつては壮大な空地が広がっていましたが、池も作られてすっかり市民の憩いの場になっています。
 IMG_20190205_111712.jpg
案内表示に気になる文字が…
 IMG_20190205_112947.jpg
案内図で確認します。
 IMG_20190205_112118.jpg
有りました。
 IMG_20190205_112137.jpg
かつて空爆から飛行機を守る為に作られた掩体壕と呼ばれる航空機の収納施設です。
甲州街道を新宿から走って来ると、西武多摩川線を越えた左側に確認することが出来ましたが、調布飛行場内のものは、公園が整備されるまで見る事が出来ませんでした。
 IMG_20190205_112508.jpg
飛行場内には2基の掩体壕が残されており、かつて配置されていた航空機、部隊などの来歴も説明がなされています。
 IMG_20190205_112448.jpg
三式戦闘機飛燕のイラストも書かれ、かつての姿を想起することが出来ます。
 IMG_20190205_113239.jpg
基地の境界に巡らされた堀の説明もありました。
法面に使われている石の説明には、多摩川で採取したものを西武鉄道で運んだ旨の説明があります。
 IMG_20190205_113251.jpg
基地内への引き込み線は戦後も残り、接収された後の米軍向けの資材輸送にも用いられました。
一部ですが今日も新小金井側からの路盤跡が判ります。

小一時間経ちましたので、お医者に戻りましたが、近所には近藤勇の生家や野川公園。野川の近くには横穴墓群、国立天文台など歴史的にも面白い所が沢山有ります。遠くに行くだけが旅行では有りません。近所の歴史散歩の参考になれば幸いです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント