FC2ブログ

08月 « 2020年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

トラムウェイ レム5000を組み立ててみよう⑨

2018年 08月06日 00:02 (月)

今年の夏はホントに暑い! 
何かしようという気力がみるみる失われて行きます。
という事で新作記事は暫く有りませんので、前々回予告しました通りレム5000の恐らく最終回をお届けします。
一部未完の所も有りますが会社の同僚とシェアしたもう一方との比較も交えて、ご覧頂こうと思います。
 IMG_20180618_091248.jpg
先ずは妻面から。
向かって左が拙作、反対がNT氏。
仕上げに方向性の違いが見られますがキット自体の合いが良い為、大きな差は見られませんね。
カプラーがカトカプとIMONカプラーチョイスされています。お互い標準品を使わない所に拘り(笑)が…
 IMG_20180618_090622.jpg
サイドビュー
こちらが拙作。
誘導手摺はインレタが全て貼り終わってから取り付け予定です。
 IMG_20180618_090645.jpg
こちらが氏の作。
手摺は取り付け済み、誘導ステップにも白い色入れがなされ細密な感じ。
 IMG_20180618_090756.jpg
拙作の連結面。
模型としてすっきり見られることに主眼を置いたコンセプト。
帯の表現は以前お話した通り、青15号を塗装した後白を吹き付けたのが私のやり方です。
 IMG_20180618_090741.jpg
NT氏作の連結面。
要所要所にそれらしく見える仕掛けを織り込むのが氏の作風。
氏はセオリー通り白を塗装した後、帯を塗装するパターン。やはり均等な幅を表現するのに苦労の跡が偲ばれます。

さて各人各様どちらの作り方が良いというのでは無く、自分の理想や信条をどう模型に反映させて行くか、またそのための基礎工作力みたいなものを作品から感じて頂ければと思っています。
我々二人がなかなか踏み込めないウェザリング等される方は尊敬に価しますし、もっといろんなレム5000、拝見させて頂きたいものです。

番外
 IMG_20180618_091916.jpg
NT氏は組み立ての途中で車輪が破損(プレート車輪のボスの部分が根元から折損)した為、一軸をスポーク車輪に交換。不良交換で部品請求するものだと思ったら、発想の転換で国鉄らしさを強調する方向に舵を切っています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント