FC2ブログ

08月 « 2020年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

KATO HO(16番) DD51を八高の800番台風に仕上げる⑤

2018年 07月04日 22:56 (水)

最近は隔週で違う模型を弄る構成で記事を書いていますが、どうでしょう?じれったくもあるかなとも思いますが、そうそうコンスタントに制作が進む訳でもないので、個人的にはペース配分的には好ましく思って居ります故、お付き合いの程宜しくお願い致します。
という訳で今週はDD51の800番台の方です。
800番台の特徴の一つである屋根の加工に入ります。
後期の800番台はご存じの通り台形の巨大な扇風機カバーが付きますが、前半のタイプは通常の500番台からSG由来の空気関係を取り去った構成なので真っ更です。今回は直接関係有りませんが、最初期の801~807に至ってはラジエーター用水タンクが無いので、屋根も外せない仕様です。
IMG_20180424_064510.jpg
ちょっと話が逸れましたが、要は500番台の屋根のベンチレーターを取り去りつるつるにするお仕事です。
 IMG_20180424_065015.jpg
お手持ちのプラ材を適度な大きさに切り出し、少し多めの瞬間接着剤で固定。
 IMG_20180424_073649.jpg
固着したらニッパーで大まかに切り取り、240番位のペーパーから1000番まで駆使してつるつるにしました。
余計な所を削らない様にボルトのモールド等はマスキングテープで養生しておきました。どうでもいいテープを使ったらのりが古くなっていて余計な手間が増えたのは秘密です。
 IMG_20180416_231533.jpg
削るのに飽きましたので、塗装をしたいと思います。
DE10と並べるとどうも重厚さが足りないと思いませんか?ということでエンドビームと写真は有りませんが、ランボードの周囲もマスキングしてランボード上を黒く塗ります。因みに黒はガイアノーツの鉄道模型用 黒というやつです。模型っぽい黒で端からKATOさんがこの仕様で出していたのでは?という感じに仕上がり、リアリティーというよりは模型としての小奇麗さを重視する自分にとってはとてもマッチします。
 IMG_20180427_150625.jpg
そして、エッチングパーツで置き換えたキャブ下のパーツも塗装します。塗料はFモデルの朱色4号で、ほんとに使いやすい良い色です。
 IMG_20180424_173741.jpg
一通り塗り終わった各部を組み合わせてみました。どうでしょう?既存の朱色塗装部分との大きな違和感も有りませんので、これからのキャブ加工箇所の部分塗装にも安心して使えそうです。 

理想の「完成品」に近づいて来た気がしませんか?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント