FC2ブログ

08月 « 2020年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

魅惑のbodyタキ43000を16番(HO)で愉しむ 初期車編③

2018年 04月24日 15:18 (火)

一週間ぶりの更新になります。さて今回は塗装工程…と思っていましたが、肝心な写真を撮っていませんでした…興が乗るとつい忘れてしまいます。
今回の青15号は確かガイノーツのものを吹いたと思いますが、ちょっと忘れてしまいました(汗)モリタの青15号かもほぼほぼ同じ色調なので参考にしてみて下さい。どちらかというとKATO寄りの落ち付いた色調です。
 IMG_20180422_130607.jpg
完成直後はインクジェットプリンターで出力した自作したのコーポレートマークを入れていましたが、安達のタンカー用メーカーマーク(NO0895)が意外としっくりきたのでこれに置き換えた姿がごちらです。尚、このデカールは膜が非常に弱いのでマークセッターが必需品です。
 IMG_20180422_130627.jpg
車体番号は溶接痕に跨って書かれているのが初期車の特徴の一つですので、一旦クリアデカールに貼り込んだ物を乗せています。ちょっと拡大には堪えない…
油種や臨時常備駅の札を入れる所は元の製品を参考に0.5㎜プラ板で追加。同じく車体の微妙な所に取り付けられた票差しは1㎜のプラ板にエコーのパーツで表現。
 IMG_20180422_131212.jpg
bird's eye viewでマンホール付近を… 
量産車(100~)はマンホールを挟んで安全弁が配置されていますが、初期車は二本並んでいます。しかし後の保安対策車やタキ1000に至るまで並んだ配置が踏襲されてしまい、量産車の配置の方が異端になってしまいました。
タンク体は溶接痕が少なく、ヌメっとした初期車感が出せたのは大満足。
 IMG_20180422_130916.jpg
次に台車です。このままTR213のままにすると振替られたJRの仕様という事になりますが、100番台に移行する契機となった場所ですので違いを表現したい所。枕ばねが大分違いますが、平軸受けのTR41で代用します。
 IMG_20180422_131925.jpg
トミックスの台車を使いますがそのままでは取り付け出来ませんので、まずボルスターの穴をヤスリで広げます。車高もそのまま取り付けると0.5㎜低いのでプラ板で嵩上げをします。
 IMG_20180422_131136.jpg
どうでしょう違和感なく違和感を表現出来たでしょうか?良く見ないとわからない…と思って頂けたなら大成功です♪
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント