FC2ブログ

08月 « 2020年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

続KATO 16番(HO)クモハ40を愛でる②

2018年 04月07日 14:23 (土)

前回は写真を撮りに出かけてしまいましたが、勿論模型もいじってます。
  IMG_20180315_123034.jpg
めでたく箱サボが無くなってしまったクモハ40の為に…
  IMG_20180325_010750 (1)
ボナのパーツを切り出し、ヤットコで挟んで折り曲げて行きます。このパーツは奥行きが二通り選らべます。当初は深いタイプを作る予定で居ましたが、写真を首っ引きで見ていると、どうやら薄い方が付いている様でしたのでそのようにして有ります。因みに平妻タイプは深いタイプを取り付けているような気がしますが、平妻タイプが万が一発売されたら考える事にしましょう。
  IMG_20180325_092020.jpg
折り曲げが終了したらベースに取り付け、そして今回の肝、エバグリーンの0.25㎜×0.5㎜のプラ材を用意。
  IMG_20180325_101428.jpg
ツーピース構成の箱サボは爪と臍が有ることによりとても組みやすく、エッジも立って嘗てのピノチオのパーツよりも好きかも知れません。
プラ材はベースに表現されている足に合わせ瞬間接着剤で貼って行きます。
ここで思いついた応用としては、箱サボの中でも直角や平行に2本材が入るものなどバリエーションが有りますが、太さも近いのでプラ材で表現可能のようです。
  IMG_20180325_102442.jpg
取説では足を折り曲げて車体に穴を開けて差し込む旨の記載が有りますが、この項目に関しては無視しています。本来の折りしろは取り去って、取り付けたプラ材が固着したら余分な所を取り去ります。
純粋に0.25㎜浮き上がった状態の生地が完成。次回は塗って付けます。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント