FC2ブログ

08月 « 2020年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

祝再販!! KATO 16番(HO)EF651000番台を綺麗に仕上げよう①

2017年 06月30日 23:02 (金)

皆様の鉄道にもPFは到着しましたでしょうか?
どんな仕様に仕上げようかと思い巡らせている頃合でしょう。
以前発売された時には、JR東西の再現がし易い様、Hゴムやモニタールーフがセットになったパーツセットがラウンドハウス名義で発売されおりましたが、今回そちらの再販は無く、下の様な姿を再現となると一寸手間が掛かります。
今回購入したPFは、時計の針を巻き戻して、特急やジョイフルトレイン全盛の東京機関区時代をイメージした姿で楽しみたいと思います。EF58とも並べたいですしね♪
IMG_5691.jpg
今日でも往時を彷彿とさせる姿が見られる事は、大変有難いものです。

今回使用する道具をお見せします。
(今回は初めてパーツを付けるHO初心の方にも極力判るように頑張ります。慣れている方は流し読みして下さい。)
    IMG_20170630_161130.jpg
ニッパー、ヤットコ、ピンセット、アートナイフ、一番右の木の棒は割り箸を削り、両面テープを貼り付けたものです。ピンセットではうまく掴めないものをこれで取り付けます。一本あると便利ですので作ってみて下さい。

では写真を見てイメージを膨らませながら作業開始です。まずは足回りから。
    IMG_20170626_133224.jpg
私はKATO、TOMIXの電気機関車にパーツを付ける際は車体を外してしまいます。台車周りのパーツが付け易くなるのもそうですが、うっかり車体を傷めてもつまらないのでこうしています。車体にインレタを貼る際も容易になります。
IMG_20170626_141518.jpgIMG_20170626_142429.jpg
砂箱に連なる配管が別パーツで用意されています。恐らく非貫通タイプのEF65と台車を共通で使っていますが、異なる砂箱の向きを表現する為にこのようなパーツ構成と思われます。パーツを良く見てどこからがランナーでどこからがモールドの足なのか観察しましょう。
    IMG_20170626_144158.jpg
パーツを切り出したら中心にある突起を台車の中心の穴に納めますが、とてもやりにくいと思います。そこで枕バネを外してしまいましょう。軽く引っ張ればすぐ外れます。
IMG_20170626_174509.jpgIMG_20170626_140307.jpg
ステップのパーツはいきなりニッパーを入れると変形させる可能性が有る為、ランナーごと切り取り、トリミングしていった方が良いと思います。
ちょっと本筋からは逸れますが、製品の連結器が好きでは無いので、こちらを用意。
    IMG_20170626_140729.jpg
折角下回りが分解しているので、もしカプラー交換を目論んでいるのでしたらこの時がチャンスです。
出来上がったら元通り組や立てれば足回りはほぼ終了です。コーヒーでも飲みながらゆっくりやりましょう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント