FC2ブログ

08月 « 2020年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

大宮工場 ナンバープレートのDE10たち

2017年 05月31日 16:03 (水)

今回は先週末の大宮総合車両所の一般公開の折、JR貨物ブースにてナンバープレートが販売された機関車達の在りし日の姿を手持ちの画像から偲んでみようと思います。
まずはDE101555号機。
IMG_4266.jpg
東京貨物ターミナルの陸橋の上から俯瞰。
右へ左へと入れ替え作業に勤しむ姿ももう見られないのですね。
IMG_5390.jpg
車歴を紐解くと新製配置は門司機関区で、10年ほどを九州で過ごした後は田端を皮切りに、主に東京を中心に活躍した様です。
田端で憩う1555号機。眼前に聳えるスカイツリーを見ながら東京での30年間はどう映ったのでしょう。
IMG_1107.jpg
DE101594号機。
新製配置は小樽築港機関区。こちらは北の名門機関区の出です。80年代前半に津軽海峡を連絡船で本州に戻り、東北で長い活躍をした後、川崎機関区にやって来ました。旋回窓はもちろん、スノープロウまで外され、ずいぶん大人しくなってしまいました。
IMG_4433.jpg
米タンの入れ替えの為、拝島に現れた姿。出かけると遭遇率が以外と高いカマでした。
IMG_4669.jpg
米タン撮影から2ヶ月後、大宮工場一般公開にどこからともなく視線が・・・・
IMG_4341.jpg
最後は1663号機。
以前に模型作りの時に使った写真ですが、塗りたての綺麗なボンネットが印象に残っている機関車です。
上の状態からあっと云う間にこの状態です↓
IMG_1380.jpg
この機関車は佐倉機関区、品川、川崎と終始関東から動かなかった機関車でした。でも意外と写真には納めていません。
甲種輸送やこの米タンと撮影の機会はもっと有った筈なんですけどね。カメラを持っていない時に限って出会う。そんな感じでしょうか。
国鉄末期のヤードの廃止、JR移行と同じ年式ながらも除籍された兄弟の分まで活躍出来た事は誇れる事だと思います。
3/708台の巧達、今迄の活躍お疲れ様でした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント