FC2ブログ

08月 « 2020年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

再検証 ホビーモデル トキ25000 

2017年 03月26日 14:43 (日)

1週間ぶりの更新になります。巷はダイヤ改正の話題で盛り上がっている方も多いでしょうか?皆さん乗りましたか?
某座席転換新型車両? かく言う私は、お陰様で業務が増えてしまいました(笑) 自分がプライベートで乗るにはスジが微妙で、そうそう乗る機会は無さそうです。残念・・・・

近況報告はこの辺りに致しまして、先々週、トキ25000の実車の写真をお見せ致しましたが、トラムウェイより発売のトキ25000やチキ7000をGetされた方々の評判も耳に入る様になりました。概ね今まで完成品の無かったジャンル故、好評をもって迎え入れられているようですが、一方で以前よりあるホビーモデルのキットを見直す流れも有るようです。そこで、この機に乗じて拙作を発表しようという魂胆です。
IMG_9232.jpg
ではまず妻面を見てみましょう。
手スリは真鍮線が付属しているので、同じく付属の冶具を用いて曲げます。
トラムウェイは開放テコやエアホースも添えられているので、この辺りのディテールは充実しているようですが、アオリ戸含め彫りが浅めと言われていますが、実際はどうでしょう。この辺り許容するかはユーザー次第という所でしょうか。
この写真撮影後、側ブレーキ表記を張り忘れている事に気付き、緊急貼り付けしました。
IMG_9229.jpg
裏に返して台車です。
付属ではTR209と思われる素朴な作りのベッテンドルフ台車が付属しておりますが、どういう訳かこれを使用して組上げると車高が落ちてしまい、カプラー高も合わなくなってしまいます。そこでKATOのASSYでタキ43000用のTR213を履かせます。すると気持ち良い位カプラー高も合い、コロ軸も回転するしと大満足です。以前にも書きましたが、この貨車は大分腰高が正解です。もしかしたらホビーモデルの方はそれをミスと捉えて台車で相殺しようとしたのかと勘繰ってしまいます。
IMG_9227.jpg
シンプルな床下機器。
所詮貨車なのでシリンダーとテコくらいしか有りません。前期後期で共通部品です。本来は後期型の場合、ダイヤフラム式のシリンダーが二つ付いた床下になる様ですが、気付いた トキ には後の祭りでしたので見なかった事にしています。
IMG_9230.jpg
先述の側ブレーキ表記を用意。
インレタをそのまま貼れば良いだけですが、横の張り出しが大きいので、一旦クリアデカールに転写したものを貼り付けます。この方が位置決めもしやすくストレスが有りません。
IMG_9255.jpg
では、完成したプレス型のトキ25000がこちら。
台車をTR213のタイプで製作したので、妻面の手摺のパターンを取説通りに作るとダウトになりますので、写真を見ながら直してあります。
IMG_9254.jpg
もう一台は平板タイプのトキ25000。
先ほど書きましたが、ブレーキシリンダーの件に目を瞑っている以外は、割りと真面目に作った方だと思います。
どうでしょう、確かに完成品が発売されたからと言って、一気に商品価値が減少するかというとそうでも無く、一手間加える事によって自分の理想とする姿に持ち込む事が可能なポテンシャルを秘める好製品と取れるのでは無いでしょうか?

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント