FC2ブログ

08月 « 2020年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

KATO 16番(HO) クモハ40半流型を愛でる 

2017年 03月04日 12:37 (土)

ご無沙汰して居りました。
幸か不幸か仕事が忙しく、完成品にパーツを付ける事すらままならない状況でしたが、やっと人様にお目に掛けても恥ずかしく無い状態になりましたので、KATOのHO復活?第一弾、リニューアル クモハ40を観察したいと思います。
予約していなかったので購入時、ちょっと焦りました。意外と人気だったんですね・・・・
IMG_9191.jpg
昼下がりの踏切を惰行で通過するイメージで撮影した一枚。形にメリハリのある車は逆光で撮影すると存在感が増します。
実物ではもう叶わないシチュエーションも模型なら再現することが可能。今回のクモハ40は今まで旧国に興味の無かった人にも、そう思ってもらうのに十分な魅力が備わっていると思います。なので主要店舗から消滅しているのでしょうけど・・・・
IMG_9180.jpg
今回の生産からパワトラ方式を止めた為、走行性能が向上し、旧国とは思えない様なシルキーな走りです。
そして個人的に大注目のパーツがこちら
関東旧国の必須アイテム、箱サボ受け。旧製品にはもちろん付いていなかったパーツです。
別付けパーツになっているお陰で、微妙な位置の調整が可能という事も有りますが、都落ちした仲間を再現するには邪魔になるので、モールドでない事が大変なプラスになるパーツでも有ります。
IMG_9181.jpgIMG_9184.jpg
前回から変更が無い手摺やヘッドライト脇のランボードをちまちま取り付けて一段落。この作業、個人的には好きなんですけどね・・・・
そして件のサボ受けを切り出してあてがってみましたが、コーヒー牛乳みたいな成型色に違和感が・・・・
早速エアブラシを引っ張り出してぶどう2号を一吹き。
IMG_9196.jpg
少々色味が違いますが、許容範囲でしょう。1エンド側
IMG_9225.jpg
そして今回から大部分の車体表記が印刷済みになりました。これは歓迎される方も多いと思われます。
個人的には位置や内容が変化するATS表記は選択でも良かったのではと思いますが・・・・でも貼り難さでは三本の指に入る検査表記はちょっと嬉しいかな。
2エンド側
IMG_9223.jpg
そしてドアコックの▼表記と位置表記。クモハ40はこれが裾のリベットに掛かるので、非常に厄介。前回品はDコック表記は諦めた位です。
どの車も変わらないクモハの表記は印刷済みですので、残りの数字の位置決めに一役買っています。インレタが苦手な人も大分とっつき易くなっていると思いますので、躊躇している方はぜひ挑戦してみて下さい。やはり番号の有る無しでは、細密感が全然違います。
前回の更新時に薀蓄を書きましたが、実車とは違う所が有る事を承知のうえで車体番号は074号にしました。
人によってはこれからパイピングの色差し等を施す方もいるでしょうが、私はここまでにしておきます。これでも十分、酒の肴になりますしね♪
でも、サボ受け、ちょっとエッチングパーツにしたいかな(せっかくメーカーが用意してくれたのに)・・・・なんて思ってみたり。平妻型も出ないかななんて思ったり、暫く妄想の日々が続きます。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント