FC2ブログ

08月 « 2020年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

イチからチキ6000を作ろう② 16番(HO)

2016年 12月30日 14:52 (金)

皆様も仕事納めも済んで、一段落ついた所でしょうか?実家に帰る人も、自宅に篭る方も日頃の憂さ晴らしにチョット工具を振り回したくなる頃合ではないですか? あ、私だけ?失礼致しました。
では前回、唐突に切り出されたパーツで混乱でされた方も多いようですが、作業の流れ的なものを感じて頂ければ幸いです。
補足にはなりますが、ネット上にあるチキ6000の形式図と母体のコキ5500の資料さえ在れば何とか形になります。また私のモデルは後述するエバーグリーンのプラ材を使う関係上、寸法が完全なスケールになっていないので、あえてそのへんを曖昧にしてあります。
IMG_6746.jpg
本日の謎写真。
これは0.5㎜のプラ板を4㎜幅に切り出したものに、エバーグリーン社の2㎜チャンネルを合成したものです。
IMG_6748.jpg
何にするかというと、長さを5㎜に切り出し、ステークを立てる受けを作ったのでした。
レール運搬仕様にするなら正確な寸法でも何等問題ないのですが、折角のラージスケールです。色々遊べる様にとの下心です。
IMG_6749.jpg
裏返した写真はこんな感じです。センターボルスターはやはりエバーグリーンのプラパイプのφ4.8とφ3.2を合成したものを用い。後に台車付属のビスで止めます。魚腹台枠の間隔ですが、資料が見付からない為、ケーディーカプラーのポケットに合わせ8㎜で組んで有ります。
IMG_6760.jpg
台車はアダチのTR63からブレーキロッドを折り取り、更に両端部をノコギリで切り取り短くします。
IMG_6750.jpg
そして仮組したものがこちらです。
ものがものだけによっぽどの誤差を発生させない限り、誰が作ってもチキ以外の何者でもない物が出来上がる筈です。
車高の調整等を済ませ、7割方完成したら細かいパーツをペタペタ付けて行きます。
これは次回のお楽しみ。





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント