FC2ブログ

08月 « 2020年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

九十九神という言葉がありますが

2016年 12月07日 14:29 (水)

日本では古来より長く使われた道具には魂が宿ると言われています。
物を大切にする国民性の根底にはこの神道的な考えが根付いていると信じています。とても素敵なものの捉え方だと思います。
ですが、悠長に構えて居られない状況がこと鉄道車両には有る様です。
IMG_7260.jpg
ネット上でも取り上げられておりますが、大宮工場保管の車両達に再度鉈が振るわれたとの知らせが入りました。
この度はソ301、EF60510号機、そしてこのEF5893号機もとうとう地上から姿を消してしまいました。
IMG_2698.jpg
JR東日本管内には上記形式の保存が他にも有る為、旗色は確かに悪いのですが、ここまで多くの人々が長年に渡り携わり、ファン共々見守って来たものが、整理された事に一抹の寂しさは禁じ得ません。
IMG_2701.jpg
ここ数年の間、ED16を皮切りにキハ391まで解体されたかと思えば、大井工場の旧型国電コレクションや長野の保管車両をいともあっさり鉄屑に変えるなど、美濃太田の選洩れ車両や中部天竜の件など他社での案件も含めると枚挙に暇がありません。
物に魂が宿るには100年必要との事ですが、そこまで生き残れなかったもの言わぬ彼らが語って来た多くの物語を、それを知る我々が代わりに語り継いで行かなくてはなりません。
引退した後も私たちを楽しませてくれてありがとう。
そして、今まで保管に尽力された方々にも感謝の言葉を贈りたいと思います。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

2016年12月12日 12:23

余りにも衝撃です・・・
情報を発信して下さいまして、誠にありがとうございました。