FC2ブログ

08月 « 2020年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

ネコパブリッシング(ホビダス)創意工夫103系を弄る 仕上げ編④

2016年 11月11日 14:33 (金)

早くも一週間が経ち、しんどかったHゴムとアルミサッシの色差し作業が終了しました。
あせると手を滑らして余計な仕事を増やしたり、ジャンクボックス行きを作りかねないおっちょこちょいぶりを発揮するので、慎重に組み立て作業を行いました。
IMG_9111.jpg
ジャンパ栓受けやワイパーがまだですが、製作開始から約1年、お立ち台に乗せたその姿に暫し時を忘れます。
IMG_9113.jpg
パンタ周りも色差しを行いメリハリが付いた姿はなかなかどうして。パンタも塗装を行えば落ち着くでしょうが、あえて模型臭さを残します。
市販品と並べて違和感を感じさせない。というのが自分では模型作りの一つの基準にしています。
          IMG_9119.jpg
もちろん走ってなんぼの鉄道模型。動力車に粘着力を持たせる為におもりをいれます。
錘になりそうな物を物色しに、隣町にある東京都唯一のジョイ○ル本田へ・・・・
最初は家具を止める金具等を物色していましたが今ひとつ軽かったり、大きかったりでピンと来ません。ダメ元で建築資材売り場に足を踏み入れると、有りました良さそうなものが。
これは配水パイプやダクト等を天井から吊るす際に用いるU字金具に用いる板だそうで、重さは約150g、長さも申し分ないと更にはボルト穴がパワートラックを外してメンテしやすい所に空いているなど、理想的な形状を持っていたのです。
そのまま乗せるとシヨートするので、2㎜角のプラ棒で上の様な枠をこしらえた後、メンテナンスを考慮して両面テープで床に止めて行きます。
          IMG_9124.jpg
他の車も床の配線に座席パーツが干渉するセンタービスを避ける穴を空けた後、為に2㎜角のプラ棒で下駄を噛ませて、同じく両面テープで床に固定して行きます。追々室内灯を組み込む際、接着剤でガッチリ固定してしまうとにっちもさっちも行かない・・・・という事態が起こり得るので、今回は両面テープが大活躍です。

無事組み上がりましたので、楽しい試運転の時間です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント