FC2ブログ

02月 « 2020年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

赤ホキは好きですか?カツミホキ2500をホキ9500に化かそう!②

2020年 03月27日 08:57 (金)

今週末は外出自粛です。今週末の仕事のうち一日はキャンセルにななりました。他部署の応援なのでそんな事も有るだろうとは思っていますが、こんな事が重なって実働分しか収入が入らない人は…と思うとあまり能天気な事は言っていられない…
とはいえ休みは休み、幸いインドア平気マンな自分は自宅でマターリする術は何とかなりますが、テレワークが出来ない仕事ゆえ、貴重な休みには変わりが有りません。仕掛品の消化に費やします。
 IMG_20200305_155400.jpg
お手軽な?インレタ貼りを楽しみましょう。
今回はホキ9500化するにあたり、付属のインレタを中心に出来るところを弄ります。
 IMG_20200227_135721.jpg
番号はバラ数字の組み換えで作れますね。
模型仲間で話しているとインレタが苦手という話は良く聞きますが、器用にも大きなベースごとの状態で作業している様子。それは余計な文字入ったり、札差しの脇貼れなかったりします…
 IMG_20200227_135806.jpg
先に必要な文字を並べ替え、セロハンテープで固定した後任意の場所へ置きます。
 IMG_20200227_173923.jpg
もうひとつのやり方は、完成している文字列の一部を転写せず空けておき…
 IMG_20200227_174143.jpg
バラ数字から必要な文字を持ってきます。
そんなの判り切ってるよ!とモデラー諸兄には言われそうですが、巷で見掛ける中古品を見て下さい、そんなでも無いんです。
 IMG_20200305_181425.jpg
票差脇ギリギリに貼るのもこんな感じに作業すればストレスフリーです。
 IMG_20200305_235416.jpg
名前が付いて晴れてホキ9500になりました。
一々切り離して並べての作業が続きますが、コーヒーでも飲みながらマッタリ作業して気付いたらシュとした仕上がりの車両が目の前に出来てます。楽しいですね♪
老眼気味でルーペが手放せないのは秘密です… 続きます
スポンサーサイト



赤ホキは好きですか?カツミホキ2500をホキ9500に化かそう!①

2020年 03月17日 22:43 (火)

新型ウィルスが流行って外出が自粛…おかげで職場では客足が伸び悩んでいますが、そう人々がおとなしくしていられるとも思えませんで、反動がそのうち来そう… 解放された群衆がどんな行動を取るか恐ろしくもありますね…

一方、模型鉄の自分は有るものを並べたり、走らせたりしながらお茶したり、お酒を嗜んだり(もちろん他の事もしますよ!)してれば意外と時間は過ぎ去るもので、普段出ずっぱりなので、外出自粛も悪く無い?などと考えていますが不謹慎なのかな?
 IMG_20200227_092027.jpg
お立ち台にED16と赤ホキを並べて何だか稲城長沼っぽくしたりしてホクホクしていますが、ここに出していない赤ホキが1セット…
(73系欲しいな…)
 IMG_20200222_142814.jpg
カツミのプラ製ホキ2500。
作りはシンプルなのに、貨車で数が必要なのに、あんまり値ごろ感が薄い品ですが、ブラス製を組み上げて揃えるにはしんどい形式なので見栄えがする数は購入しました。
ですが一つ気になっていたのは、編成全部がホキ2500は何だか気持ちが悪い。成田空港建設が一段落した後の生まれなので、青梅、南武の石灰列車には数両ホキ9500が紛れているイメージ。文字を変えるだけで完成するのですが、ドンピシャのインレタが16番では存在しない…自作や発注するスキルも無い…
 IMG_20200226_132703.jpg
悶々としながら数年が経ちました…
ある日、オークションを見ていて見つけたのがパンケーキコンテナという聞き慣れない出品者の製品。そこに紙製のホキ2500(9500)のキットが…
あーこれ欲しい!!とはいえ後の祭り…そこそこ在籍数の有るカツミ製が重く圧し掛かります。
しかし商品ラインナップにホキ9500用デカールという素敵な文字が!! 収録内容は良く見えませんでしたが、これを活用すれば野望に近づく事が出来るのでは!? 会社近くのIMONさんで早速取り寄せしてもらいました。その他にくろま屋のインレタなんかも使いながらホキ9500化したいと思いますので暫しお付き合いを。

あと数年早くパンケーキコンテナさんの紙製ホキ2500キットが発売されていれば…

天賞堂T-Evolution クモヤ145で遊ぼう⑫

2020年 03月08日 22:21 (日)

朝の通勤時間帯はオフピーク通勤や学校の休校のおかげで、大分楽になりました。やれば出来るのにきっかけが無いと実現出来ない大きな取り組みには、降って湧いた流行り病くらいのインパクトが無いと難しいのでしょうね。
とは云え、自宅に籠ったままでは出来ない残念な業種ゆえ、変わりなく黄色い電車で都心に向かう毎日。
意外と時間は増えないかな…
 IMG_20200208_194333.jpg
さて、話を模型に戻しましょう。今回は集電の悪さと重量不足で走行性に精彩を欠いたクモヤに最小限加工でコアレスモーターのポテンシャルを引き出そうという魂胆です。
 IMG_20200208_195047.jpg
用意したのはIMONで購入したM1.4×3Mのビスと加工してしまいましたがt=0.3㎜のプラ板です。
プラ板は140㎜×22㎜に切り出したものに、中心から3.5㎜の所に深さ2.5㎜程の切り込みを入れた簡単なものです。
製品の床板には、本来は配線を逃がす為に設けられたで有ろう穴が開いています。そこにビスをねじ込んでこのプラ板を止めようという寸法です。
 IMG_20200208_195233.jpg
上手く取り付けが出来る事が判りましたら、次に用意したのは100均で購入したアルミテープです。9㎜幅に切り出して、先ほど完成したプラ板のベースに貼り付けます。
 IMG_20200208_195948.jpg
出来上がったのはとてもスマートな道電材です。配線が車内を這いずり廻らず、追々室内灯を取り付けた際にも電気が取りやすそうな構造ですね。プラ板が絶縁体ですから床板に貼り付けた重りでショートする事も有りません。
 IMG_20200208_200941.jpg
両端に取り付けたビスに、前回パワートラックにハンダ付けした配線の反対側を巻き付け、ネジ止めします。
 IMG_20200222_123826.jpg
完成した状態がこちら。
 IMG_20200222_123835.jpg
付随台車側の取り付け状況です。配線は一回クロスさせて元の側に接続すると、配線自体の動きが緩和され傷み難くなります。
 VID_20200222_124745.jpg
さあ、車体を戻して完成です♪かっこいい♪
 https://photos.google.com/photo/AF1QipMHCIb5Bk2nPFZuV4iwj_GpSRxM1FLG5oWaLuqv
試運転の動画を貼り付けておきましたが、パワートラックのみの集電よりだいぶスローが効く様子がご覧頂けると思います。
ここまで1Mで走れば御の字でしょう。後はナンバーを入れ、カプラーを交換すれば当鉄道では正式竣工です。
いやー、だいぶ遊べました。