FC2ブログ

12月 « 2020年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 02月

天賞堂T-Evolution クモヤ145で遊ぼう⑦

2020年 01月31日 09:53 (金)

再生産分の天賞堂コアレスパワーユニットが入荷したとの連絡を貰ったので、仕事終わりに渋谷のIMONで引き取って来ました。
同時に走行パーツも発売された様ですが、こちらは初回品をゲットしていたのでやっとクモヤを自走可能な状態に出来る事になります。
走行安定性を取るなら2M仕様にするのも手かと思いますが、使用頻度と条件を勘案するとそこまで盛らなくても大丈夫。との判断から試験的な意味合いも込めて1M仕様で組んでみようと思います。
 IMG_20200130_132312.jpg
折角なのでレビューしてみましょう。
 IMG_20200130_134855.jpg
旧製品?になるのか花園製のパワートラックと見比べてみます。
左が花園、右が中国製になったコアレスパワートラックです。
 IMG_20200130_134832.jpg
当たり前でしょうが、軸周り、ボルスター周辺は酷似しています。これが違ってしまうと交換もままなりませんからね。
しかし、車軸のウォームギアーが隠れている辺りの寸法は新しい方が数ミリ余裕が有りそうなので、カプラー取り付け時に多少ゆとりが有りそうです。
 IMG_20200130_135518.jpg
付属品です。
比較の為、上に旧製品を入れときましたが、スペーサーが紙からプラ成型品に変わったのが目立ちます。
台車枠取り付けのアームが、ユニットを分解しなくても台車枠を取り付ける方法に変更になったので、その分シンプルになりましたが、日光製台車に対するパーツらしいものは無いので、他用途に使う場合工夫が必要になるかも知れません。
ビスの予備が各1本ずつ付くのは嬉しい配慮です。ウェイトまで付いてますので大分お得な商品な気がします。
 IMG_20200130_135827.jpg
T車用の走行パーツキットをみてみます。
両絶縁車輪と集電ラグ、ウェイト、ビスとピボット軸受け。こちらも盛りだくさんな製品です。
一応T-EVOLUTIONの走行化を前提としているので、車体側に有るボルスターが有りません。しかしここまで必要な物が一纏まりになっている製品も見掛け無いので、中小メーカーがこの製品を流用する事を前提にした物がこれから出ない方が不思議なくらいです。
特に16番は歴史が古く、未だに前後の台車でそれぞれ違う極性を集電する方法がまかり通る状況は、DCC等の普及にも足枷にしかならないでしょうから、個人的にはこの製品の登場は結構なインパクトだと考えます。

次回から一応、取説通りにクモヤを動力化しようと思います。
スポンサーサイト



天賞堂T-Evolution クモヤ145で遊ぼう⑥

2020年 01月25日 09:02 (土)

2㎜角のアクリル棒を用意!! 東急ハンズで60円! 写真ぶれてるー
IMG_20200107_131329.jpg
いきなりの始まりですが、ツイッター上で良い話を聞いたので早速実践です。
IMG_20200107_132019.jpg
なんでも、T-Evolutionのクモヤの方向幕の裏側に嵌るらしいというもの。
寸法は分からないので、測ります。7.9㎜位ですかね…
IMG_20200107_134650.jpg
タミヤのプラ棒でも良いらしいのですが、自身のストックが黄色く変色して(実用上は問題なし)なのと、もしかしたら光らせたくなるかもしれない所から、透明なアクリルにしました。
 IMG_20200107_135651.jpg
付属の方向幕を切り出します。切るときは外枠線の内側です。
 IMG_20200107_140030.jpg
切り出したパーツの水平、垂直に気を使いながら貼ります。
 IMG_20200107_141229.jpg
裏側からギュッと押し込みます。おー良い感じ♪ 方向幕は完成♪

 IMG_20191227_000917.jpg
そうしてもう一か所のグレードアップ。やっぱりワイパーは無いと寂しいです。
エッチングの繊細なワーパーも沢山出ていますが、KATOのこのワイパーのパーツ好きなんです。ちょっと大袈裟な作りですが、無くしても痛くないし、ガラスに傷付かないしでプラ加工品には多用しています。
 IMG_20191227_001232.jpg
普段なら穴開けして差し込みますが、クモヤの窓下の隈部分の造形が抜き勾配の関係でクハ79904の様なテーパーが付いた作りになっており、綺麗に穴あけする自信が有りません…
と云う事で、ボスを切り取ってしまします!!
 IMG_20200107_141000.jpg
切り取ったワイパーの付け根に、これまた大好きなゴム系接着剤を爪楊枝で塗布して任意の場所へ。
これまた良い感じ♪
どっか行っちゃったらまた貼れば良いし、意外としっかり付くので数年は紛失も無いでしょう。お気楽極楽♪

天賞堂T-Evolution クモヤ145で遊ぼう⑤

2020年 01月16日 22:13 (木)

 IMG_20191227_135154.jpg
先週はこの状態で終了しました。パーツを塗装したのでプラの生っぽさは消えましたが、まだ物足りない感じ。
 IMG_20200105_100159.jpg
なので、今週はこちらを用意します。
エナメル塗料のXF19スカイグレイは昔から愛用している定番品。屋上配管はこの塗料が一番しっくりくる気がします。フラットブラックはゴム管の塗り分けに使います。
 IMG_20200104_121634.jpg
うすめ液の在庫が心許無い…塗料は気持ちさらさらした感じ? 適宜テッシュに含ませて液だれを防ぎます。
 IMG_20200104_120638.jpg
筆が湿っているかな?くらいの感じで筆の腹を使って対象物を撫でる様に色を乗せます。
 IMG_20200104_133132.jpg
一度にやると失敗するので、多少のムラは気にせず何度かに分けて色を濃くするイメージ。
 IMG_20200104_133152.jpg
結果的にエナメル塗料の乾きの遅さと伸びの良さも手伝ってムラも出ません。
もしはみ出しても、ちょっと乾いた時にうすめ液を浸み込ませた綿棒で拭けば元通り♪
 IMG_20200105_101643.jpg
で、出来上がりがこちら♪
ヒューズボックス付近。
 IMG_20200105_101658.jpg
避雷器まわり。
 IMG_20200105_101718.jpg
予備パンタ側。
さっぱりした屋根周りにメリハリが付きました♪手を入れれば入れただけ答えてくれる好製品。
次回は顔を良く?します。

天賞堂T-Evolution クモヤ145で遊ぼう④

2020年 01月10日 21:59 (金)

今週の模型弄りのコーナー(いつから出来た?)です。
完成品は箱を開けたらそのまま収納なんて事も多々ありますが、これくらい形になっていてそれでいて一味足りない模型は手にして楽しいです(これで値段が高かったらそうも言ってられませんが…)

今回は素材の良さを活かした成形色風味の屋上パーツを料理します。
 IMG_20191223_130339.jpg
ベンチレーターを外しますが、引っぱるだけでは意外と頑固なので、裏から爪楊枝で押して外します。
外したパーツは一度中性洗剤で洗って脱脂しました。これをやらないで塗料がぺりっと剥がれた時の悲しさったら有りませんので…
 IMG_20191226_143517.jpg
一日二日放置してから適当な段ボールの上に両面で止めます。
 IMG_20191227_101458.jpg
今回の塗料の候補は上の二種類。テストピースを作り屋根の色と比較した結果、今回はコントラストが強めのガイアノーツのねずみ色を使いました。
 IMG_20191227_102920.jpg
エアブラシでぷーっと吹いて出来上がり♪
 IMG_20191227_135154.jpg
大分マシになってきましたが、まだ一味足りないな…

天賞堂T-Evolution クモヤ145で遊ぼう③

2020年 01月03日 22:48 (金)

2020年一発目の更新、今回もクモヤ145の続きです。
かつては電車区にはかならずと言っていい位転がっていたクモヤの類ですが、209系以降のインバーター車の台頭、車両管理のユニット毎の管理から編成毎の管理へと変更されるに従って、工場への入出場は勿論の事、電車区内の入換えすら無くなり存在意義が薄れ、国鉄車がまだ目立つJR西日本以外でJR東海では全廃、JR東日本管内では豪華版のクモヤ143が2両、クモヤ145がわずか1両と風前の灯…
   IMG_0232 (1)
手軽な16番製品が発売されたのに何とも悲しい状況…もう実物は近所で見られない…と思ってしまいがちですが…
近場に有ります!! 
 IMG_0229.jpg
ご存じの方も多いとは思いますが、ここは武蔵野線の新秋津にあるJR東日本八王子訓練センターです。
車籍は無く機械扱いですがクモヤ145が存在しています。
乗務員さん、係員さんの大掛かりな研修施設で、他にも209系を改造した教習車も存在し、このクモヤとの連結訓練なども行われている様です。
 IMG_0231.jpg
ここで使われているクモヤ145はかつて三鷹電車区に所属していた118号です。
118号と言えば、豊田の117と並びPS23パンタグラフをのせた中央線臭がプンプンする個体でしたが、同じく三鷹電車区に所属していた115号を長野に廃車回送する際、パンタグラフを振り替えた為にPS16が鎮座しています。
 IMG_20191211_144450.jpg
場所が非常に特殊で、およそ撮影には不向きな場所ですが、それ故に屋上の観察はしやすく?なっていますので無茶な体勢で撮ってきました。
   IMG_20191211_144512.jpg
勿論、冷房などという軟派?なものは無く、ベンチレーターとメイン側のパンタ周りを観察。
この118のベンチレータは屋根の傾斜に沿って取り付けられていますが、現役で残る107号は並行に着く様に直されています。製品を弄る人はこの辺りを表現すると楽しいですね。
 IMG_20191211_144538.jpg
母線の引き通しは意外とヘロヘロしていますね。
 IMG_20191211_144602.jpg
副パンタ側の屋根に到着。無線アンテナを付ける人は位置の参考になるかもですね。
車体修繕の際にビニールキャンバス貼りから塗り屋根に変更されているので、パイピングと屋根との色の差が判り難くなっています。

さて、残りの正月休みでもう少しクモヤと戯れてみましょうかね♪

2020年 明けましておめでとうございます。

2020年 01月01日 23:24 (水)

明けましておめでとうございます。21世紀が始まって20年、早いもので1/5が過ぎました。宇宙の旅も空中を浮く車も実現もしていませんが、リニアモーターカーだけは何とかなりそうですね。東京オリンピックも2度目の開催年ですが、当時を知る103系と415系(113系)や初期ステンレスカー達も後輩車両達に昔話をしたりするのでしょうか(笑)
IMG_20200101_181143.jpg
当模型鉄道は着実の昭和の車両が増え続けております。近々バブルの象徴の様なジヨイフルトレインの完成品が出るとの事で、現世の財布はとうに氷河期を経験をしているのでホントは辛いのですが、頑張って購入したいと思います。以前はこんな車両の完成品は望むべくも無いので、何時かは改造で…と思っていましたがプラ完成品の世界は市場が成熟してきた証拠でしょう。
客車の編成ものはしんどいので、機関車を先に作ってしまうのは仕方ない事ですよね(笑)と云う事で近々先走って作ったEF58 122号機の制作記をやりたいなと思います。トラムウェイのHゴムゴハチも出る事ですしね…