FC2ブログ

04月 « 2019年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

最終章 タキ43000を16番(HO)で極める? 保安対策車編①

2019年 05月27日 11:06 (月)

意外とバリーエーションが存在するフレームレスタンク車の代表タキ43000。
KATOの16番製品、特に旧製品を加工して初期車、準保安対策車と一味違う仕様を手にして来ました。この2態はタンク体には手を付けず装備品の加工でバリエーションを楽しむ事が出来ましたが、今回制作するタキ43000の最終形態、保安対策車は情勢が異なります。
模型の制作を開始する前に今回は保安対策車タキ43600番台に至る経緯を実車を見ながら、またちょっと趣旨からは逸れますが、それ以降のフレームレスタンク車タキ1000に至るまでの進化を実車の写真とともに見て行こうと思います。
 IMG_0135.jpg
制作した準保安対策車よりも新しいタイプで、番号的には43486~43499、43519~43599が該当します。
今までのタキ43000が日本オイルターミナル所有車のみでしたが、このロットから日本石油輸送が参入します。両エンドの台枠を同じ長さに揃え、前ロットでは大きな手摺を付けてしのいでいた保安対策を一歩前進した取り組みが行われています。このロットは成田空港へのジェット燃料輸送を目的に発注されましたが、開港が遅れた事により実際の用途には用いられなかった様です。
マイナーチェンジを重ね、安全性の向上を図るも、法改正に伴いとうとう昭和50年にはフレームレスタンク車の製造自体が禁止となってしまい、以後タキ40000、タキ38000に移行する事になりました。
 IMG_4242.jpg
厳格化された基準の下制作された昭和52年より製造のタキ38000です。
容量を確保する為異径胴のタンク体は踏襲されていますが、容量が36tとタキ35000の後継を担うには少々力不足の感は否めません。姉妹形式で新たに航空燃料用に用意されたタキ40000に至っては43000に比べ3tもの容量減となっています。
国鉄末期の運賃の増加、石油製品の需要減も有り荷主からのクレームは相当なものだったようです。経済性と安全は同居しにくい一例ですね。
 IMG_0130.jpg
規制緩和された新基準の元に再制作されたタキ43600番台。
先述の様に新基準で造られた石油タンク車達はそれ以前に制作されたものより著しく輸送量の減少を招き、荷主の不満が溜まっていきました。折衝の末、規制緩和が行われる事になり昭和57年から製造されたのが、この43600番台です。
両端の台枠は型鋼を用いた強化型、万が一の乗り上がり脱線時に隣車の連結器がタンク体を突き破らない様、鏡面の円弧を緩くする事で距離を確保、タンク体を太くしたうえで長さを縮めて帳尻をあわせています。取り卸し操作系統もタンク体上部からのを踏襲、転倒時に被害を最小限にする為、強化されたランボードは更に大型化されました。その他細かい破損対策が行われましたが、容量は43t積みを確保する事に成功しています。
 IMG_3302.jpg
番外編?タキ143645
タキ43600~43434の45両が製造され何とか需給が満たされ生産完了かと思われましたが、保安対策車の最終形態と捉えるのが正しいか、少し判断に困る試作車タキ143645が昭和62年に出現。ステンレス鋼使用の為100000をプラスした付番です。番号を見る限り600番台の増備ですが、台枠は容量確保の為短縮、タンク体も少し細くなり、ランボードは華奢な保安対策以前の形態に近いものになっています。因みにステンレスタンク体を用いた理由は、積荷の油種を変更する際、洗浄効率を高める為と言われていますが、その後の増備に繋がっていない所を見ると費用対効果は薄かったのでしょうね。
 IMG_0077.jpg
タキ243000番台
時は平成、老朽化した汎用石油タンク車の置き換え用として増備されました。番号自体は先の143645の続番で頭に2を付けた243646が一番最初になります。耐候性高張力鋼を用い、タンク体を更に太くする事で容量を44tに引き上げる事に成功。順調に増備され途中ブレーキシステムの変更等行いながら平成5年まで作られました。
この番台を最後にタキ43000の増備は終了となります。
 IMG_5327.jpg
航空燃料輸送用タキ1000。
タキ1000はそれまでのタンカートレインの最高速度が75㎞だったものを、東京近郊の旅客列車を邪魔しない為に95㎞に引き上げる目的で作られています。新形式のFT21台車でそれを実現し、小径車輪の採用で車高を下げ、その分タンク体を太くし容量も45t積みを実現しました。平成5年から制作が開始され、現在も増備が続いています。
保有会社は日本石油輸送が主で、青く塗られた日本オイルターミナル所属車も相当数存在します。
平成22年からは老朽車を騙し騙し使っている印象だった横田基地向け航空燃料輸送も、新製のタキ1000に置き換えられました。

保安対策車の流れをご案内しましたが、長々とお付き合い有難うございました。やはり模型を作る上で実車を知るというのは大切だと思います故。
次回からは43600番台を作る上で、種車と実車を見比べて加工の方針を立てたいと思います。
スポンサーサイト



アクラスEF64に観念してトラムウェイのDT120、DT121を付けました。

2019年 05月21日 11:12 (火)

当鉄道にはアクラスのEF64が二台配置が有ります。
発売予告が出た当初は大喜びし、早速模型店に早速予約を入れたものでした。
 IMG_20190518_071905.jpg
予告から数年後←模型業界あるあるw
賛否両論有りましたが、新進メーカーながら意欲的な製品として発売され個人的には気には満足しています。
 IMG_20190517_171358.jpg
とは云え、度重なる延期、お家事情などが重なり、消化不良の箇所も見られ可哀想な評価を受けていました。
一番問題視されたのが台車の設計でしょう。梁のパーツ自体は中国生産と云う事を考慮すると、適度な仕上がりかと思いますがあくまで実物の図面から落とし込んだ寸法の様で、実物より軌間の広い16番では当然の問題が発生しました。
 IMG_20190517_164430.jpg
中間のDT121Aは顕著に幅がオーバーなのが判ります。
恐らくですが、アクラス製品の当初からのコンセプトにパーツ組み換えでファインな13㎜ゲージへのコンバートが出来ると云うウリが有りましたので、台車枠もファインで設計されたのでしょう。ですが、結果的に16番でしか発売されなかったので、この様な事になったと推測されます。
 IMG_20190517_171316.jpg
左はDT120、右がアクラスのDT120Aです。
ニ〇リのカラーボックスの様な乗降ステップ以外は軸箱の形状、散砂装置周りも正確で良好なのですが…
建築限界を飛び出すのは宜しく無いですね。
自分は形状を優先して、はみ出していても製品のまま使っていましたが、トラムウェイから下記の製品の再販を機にいい加減腹をくくる事にしました。
 IMG_20190517_161750.jpg
随分豪勢な箱に入っていますが、トラムウェイのEF70シリーズが発売される度に作ってくれるDT120、DT121のサービスパーツです。今回で3回目です。
 IMG_20190517_161958.jpg
トラムウェイのEF70は今回発売の初期車のバリエーションで実車を網羅しました。故にこのサービスパーツを今回逃したら、恐らく入手が困難になるであろう事は想像に難く有りません。因って今回置き換えを決意した次第です。
上の比較写真に有る様に16番様に薄くディフォルメされていますから、車体からはみ出す事は有りません。
あくまでDT121なので細部の形状は違いますが、印象は大分良くなります。
 IMG_20190517_163445.jpg
裏面の押しピン部のバリが車輪の回転を阻害するので、綺麗にトリミングします。
 IMG_20190517_170358.jpg
形状は異なりますが、良好な仕上がりのステップの取り付けの位置関係はこうです。
 IMG_20190517_165421.jpg
動力台車のレリーフを外すには、鶴首のピンセットでテコの原理で外すとパーツを傷めません。
後はひたすら部品を嵌めて行くだけ。一両あたり10分くらいでしょうか。
IMG_20190517_164141.jpg IMG_20190517_172124.jpg
車体から、こんにちは していた枕ばね部が見えなくなりました。実際、横から見てもどっしりした感じに変わります。
 IMG_20190521_094552.jpg
現在発売されている品番の変わった2次製品は、当初からトラムウェイの台車が付いていますので安心?して買う事が出来ますが、初期ロットを御持ちの方は、今回の再販を機に交換を考えても良いかも知れません。

魅惑のbodyタキ43000を16番(HO)で愉しむ 準保安対策車編⑨

2019年 05月15日 21:20 (水)

皆様おはこんばんにちは←これってアラレちゃんネタなのよね…
最近はお外で遊んでばかりで模型がとんと御無沙汰になっております。構想はまだまだ有れど、手持ちの模型を愛でるのも幸せな時間なので、新作は暫くお待ち下さい。←予算の都合も有ります故…(泣)労働基準法改悪有難うございます。
さて、今回は前回青く塗ったは良かったが、素っ気ない姿のまま放置状態の準保安対策車を、とりあえず人様に御見せ出来る状態にしました。
 IMG_20190515_135622.jpg
改造種車がKATOの旧製品なのでインレタが標準で付いてますから、見繕って貼ります。
文字が入ると俄然活気が違います。
 IMG_20190515_135637.jpg
そしてOT(日本オイルターミナル)のコーポレートマークは安達の物が残っていたのでこれを貼り付け。
文字の方はストックが払底しているので手持ちのステッカーを拡大コピーした物を貼り付けて今回は良しとします。
安達さん、御社の金属キットは買えませんがどうかデカールの再販を…
 IMG_20190515_135721.jpg
では、外観比較。
手前がKATOの現行品のタキ43000の100番台です。
準保安対策車が、どれだけランボードが延長されたかお分かり頂けると思います。
 IMG_20190515_135757.jpg
梯子の上がり切った所の手摺にタスキに掛けられた補強も準保安車の特徴です。
真鍮の手摺と製品流用の梯子の接続も上手く行ったのではないでしょうか。
 IMG_20190515_135819.jpg
この斜めの補強は1エンド側にも有ります。保安対策車では省略されますので、大勢に影響が無かったのでしょう。
並べると社名の仕上がりに違和感が有りますが、編成に組み込んでしまえば恐らく判らなくなるでしょう。

さて、ここまでタキ43000を突き詰めてきましたので、ここで終了とはなかなか言いづらいですよね。
そう、43000としての最終形、在来型と同じ所が殆ど無いラスボス級のアレ、近日着手します!!

続 そうだ、郷土の森に行こう。 EB10と二枚の案内板

2019年 05月06日 00:10 (月)

最長のゴールデンウィーク、如何お過ごしですか? およそ長期休暇とは縁の無い職にしか就いた事が無い自分としては、ニュースで見る大移動の姿が寧ろ不憫に思ってしまいます。
一週開いてしまいましたが、府中郷土の森の続き、EB10の続きと参りましょう。
 IMG_20190423_165428.jpg
屋根が有るからと言って決して保存状態は良く有りません。
以前はサーモンピンクみたいな色でしたが、今回訪問したらちゃんとしたぶどう色に塗られていました。
それにしても大きさ故なのか、細部の写真が録り難いです。
 IMG_20190423_165935.jpg
反対側には通路が有りますが、此方側には機関車の来歴が掲げられています。
この地に据え付けられて50年…誕生からは90年… 動いている期間よりこの地に来てからの方が長くなってしまいました。
 IMG_20190423_165921.jpg
台車周りがもう少し見えれば資料価値も高まるのですが…
 IMG_20190423_165949.jpg
以前来た時はこちら側のナンバープレートが失われていましたが、新調してもらった様です。
 IMG_20190423_165739.jpg
すっかりガラスは失われ、鉄格子が嵌る何ともな感じですが、内装は意外と塵も少なく綺麗な状態が保たれていました。
 IMG_20190423_165444.jpg
そして反対側に新しい案内板が設置されています。これは以前は有りませんでした。
半分は反対側に設置されている説明とほぼ同じ内容が書かれていますが、もう半分は嘗てこの機関車に携わっていた方と、氏から資料提供を受けた旨の説明が現府中市長との記念写真とともに記載されています。
なるほどこのイベントが有ったので、車体の再塗装と内装の補修が行われた訳だったのですね。
とはいえ、小さな機関車ですが長い歴史の中で様々な人間模様を見てきたという事は、ほかの鉄道車両にも負けずとも劣らないという事なのですね。
 IMG_20190423_170101.jpg
さて新時代令和がスタートしましたが、このように語り継がれる車両は登場するでしょうか。50年後が楽しみです(生きてないかw)。