FC2ブログ

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

魅惑のbodyタキ43000を16番(HO)で愉しむ 準保安対策車編②

2018年 12月30日 00:15 (日)

 ちょっと先週は脱線しましたが、気を取り直してタキ43000の準保安対策車の改造スタート!!
と行きたい所ですが、やはり図面は何とかしないと行けません。
今回の図面は雑誌に掲載されていたものを拡大コピーして用意… と行きたいところですが、準保安対策車の図面がどうしも見つかりません。
IMG_20181229_144300.jpg
以前に作ったタキ43000の初期車の図面とコピーして拡大した保安対策車(43600~)のタイプの図面とで、判らない所は推測を交じえながら合成して作図してみました。
IMG_20180816_164508.jpg
出来上がった図面を基にこの車両の特徴あるランボードを試作します。
いきなり本番は取回しが不明な所も有るので、ボール紙で様子を見てみましたが何とかなりそうな気配です。
次回は手摺を作り始めようと思います。これが出来るか出来ないかで今後の方向性が決まります。
スポンサーサイト



さいたま・大宮 鉄道模型フェスタ2018に行って来ました。

2018年 12月23日 22:06 (日)

今年は鉄道模型系のイベントには殆ど足を運ぶ事が出来ませんでしたが、最後の最後でこちら
さいたま・大宮 鉄道模型フェスタをちょっとのぞいて来ました。
  IMG_20181222_112831.jpg
オープン直後に到着しましたが会場は人がみっちりと詰まって思い思いにお目当ての商品、メーカーを目指して徘徊しておりました。
私はいつもの通りプラ製16番をメインに扱うブースを見て回ります。
  IMG_20181222_113114.jpg
トラムウェイのサンプル群は既に告知済みのものがメイン。
キハ40は床下機器が付きました。2000番台が出たら一台買おうかな。
オハ35系の再生産に合わせてオハ36が追加されますが、これには交換用扉に中桟の付いた鋼製扉が新規にお目見えします。
一際目立つ(贔屓の問題かな?)EF18は晩年の姿で製品化されるようです。
  IMG_20181222_113148.jpg
貼り付けPOPも掲げておきます。
DE好きには気になるDE15の告知です。どうやらプラ製品界で除雪車の覇者を目指すようです。
 IMG_20181222_113951.jpg
モデルアイコンのブースでは居酒屋のメニューの様に壁面に予定品の進捗状況が掲げられていましたが、ギャラリーが写り込んでしまうので商品サンプルのみ。
チキ6000も良好な出来。会場限定で未塗装キットも発売されていました。自作のチキが居るので購入を見送りましたが、チキ5200も予告されていますから、昨今の機関車を集めている方なら持っていて損は無い車両でしょう。
  IMG_20181222_114002.jpg
サポート材が付いた姿は何とも禍々しい…
  IMG_20181222_114011.jpg
その正体はタキ5450です。
トミックスのカタログに掲載されて十余年経ち、ほぼ諦めの気持ちで居ましたが、救済の福音がもたらされました。
サンプルは側ブレーキタイプで後期の形態の様ですが、バリエーションや発売方法を含めて見守る事にしましょう。
 IMG_20181222_121348.jpg
気になるメーカー レボリューションファクトリー
聞いて来ましたED16用のナンバープレートの事。諸々進行中で来年の2月前後とのお話でした。暫くお預けです。
その他にも気になる商品や特価品も有りましたが、今月は無駄使いが出来ないので後ろ髪を引かれる思いで会場を後にしなのでした。

魅惑のbodyタキ43000を16番(HO)で愉しむ 準保安対策車編①

2018年 12月14日 00:43 (金)

いつもは年末商戦向けの鉄道模型の新製品に胸躍らせる時期ですが、幸か不幸か琴線に触れる商品も無く、その点に於いては散在しなくて良かったかな?という所でしょうか。
とはいえ、たまの休みくらい何か模型弄りをしたいもの。
と云う事で、在庫仕掛品を消化する時間としましょう。
 IMG_20171119_122615.jpg
今回用意したのは、ヤフオクで購入しておいたタキ43000の旧製品です。
以前は初期車を作りましたが、今回は予てより目論んでおりました準保安対策車に着手しようと思います。

あんまり良い写真が有りませんでしたが、撮った写真から何とか探し出した車両を掲載します。
 IMG_3202.jpg
準保安対策車とは?
昭和40年代後半、内外で多発したタンク車が絡む列車事故を受け、安全性向上を図る目的で設計変更が加えられた一群です。
上に掲げたのはその第一ロット、タキ43438~43469の32両のグループのうちの一両です。
0番台と100番台の43437迄のと違いは大型化したランボードが大きな特徴でしょう。これは脱線し、横転した場合に転覆を最小限に食い止める支えとしての機能を持たせた為です。その他は積荷漏洩防止の観点から、吐出口の操作部をタンク体上部に移設した構造に変更されています。
第二ロットの43470~43485では追突脱線時の被害を抑える為更に台枠強化と、連結器でタンク体を突き破るのを防止する為、両エンドとも手摺をしっかりしたものに変更しています。
 IMG_4245.jpg
準保安対策車の第三ロット43486~43499、43519~43599の93両は更に改良が加えられ、両エンドとも連結部とタンク体との距離を稼ぐ為、連結器から台車中心までの長さが均等になり、結果車体長が伸びています。
しかし度重なる保安性の向上を図るも、残念な事に昭和50年にはフレームレスタンク車の製造が禁止となってしまい、以後タキ40000、タキ38000に移行し、大量輸送の切り札だったフレームレスタンク車に冬の時代が到来するのでした。

今回模型化するのは台枠の設計変更を伴わない保安対策車の第一陣を作ろうと考えています。暫くお付き合い下さい。

久しぶりの更新、鉄コレ西武401を愛でる

2018年 12月05日 10:48 (水)

前回更新からまたしても日が空いてしまいましたが、更新が面倒になった訳ではないのですよ!!
本当に忙しいいんだからねっ!!
と、良い訳をしつつ前回の続きです。
今回の鉄コレ27弾は大手私鉄の機器流用の車両という事なのでしょうか?近鉄も?
 IMG_20181126_130556.jpg
西武の401系は省線由来のストックパーツから新車を生み出す手法の最後の方になります。
釣り掛け駆動の411系として誕生した後、主に編成を組むと想定された701系、801系のブレーキのシステム変更、冷房化を契機に、カルダン駆動に変更を行い401系(2代目)となりました。
そんな401は途中で側面のデザインが途中で変わり張り上げ屋根風になったものが、今回の27弾にアソートされたものです。
 IMG_20181126_130032.jpg
左が今回の27弾、右が以前、事業者限定で発売されたものです。
今回のプロトタイプはクモハ427、428でこの編成のみが、張り上げ屋根タイプでHゴム止めの客扉を持っています。恐らくガラスパーツを流用する為、この車番になったのかな…と推測しています。
因みにドアが入れ替わった相手が、クモハ423、424と言われています。
 IMG_20181126_130257.jpg
色見は今回の製品が全体的に明るめで、退色が始まった感じ、若しくは屋根色は後年濃い目のものに変更になっているのと、黄色も色見が変わっているという話も聞くので、それを表現したとも取れます。
流石に切妻のサッパリボディーですから、無難な仕上がりです。他の3扉車と混ぜて遊ぶ為N化はしようと思います。
これもグリマのキットで作ったのは懐かしい思い出…

ここからは趣向を変えて、むかーしに撮った401の写真を載せておきます。
酷い写真が多いですがご容赦下さい。
 morisanchu035mokei.jpg
ブレテるは信号機は邪魔やらで何とも…
国分寺を出て日立の研究所脇の辺りです。ここから暫く複線区間。401を先頭に後は801です。
 morisanchu002mokei.jpg
引退前に横瀬まで走った時だと思います。駅は何処だろう…
 morisanchu053mokei.jpg
東村山の駅かな。屋根の高さの違いが判ります。因みに右は801です101系では有りません。
 morisanchu064mokei.jpg
今の機材でこの頃に戻りたいと思う人は多いんでしょうね…
まだ私鉄もJRも面白い車が沢山残ってました。そんな20年以上前のお話…