FC2ブログ

02月 « 2018年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

続KATO 16番(HO)クモハ40を愛でる①

2018年 03月25日 19:02 (日)

新製品が出ると居ても立っても居られないのは趣味を持つ人間ならお分かり頂けると思いますが、車両も然ることながらパーツもテンションが上がります。
   IMG_20180325_000602.jpg
今回はこれ♪ボナファイディーPH-166 旧型国電箱サボセット2!
旧国の前サボ受けは一昔前ならエコーのプレスか私がお気に入りだったピノチオのロストくらいしかラインナップが有りませんでしたが、ピノチオが廃業して以来パーツ冬の時代が到来していました。が、ここに来てプラ製品の普及に伴ってパーツもメーカーも選択の幅が広がって来た事は喜ばしい限りです。
さて今回のサボ受けはプラ製品用、半流国電専用と銘打っているので手にしない訳には行きません。
   IMG_20180315_121512.jpg
我が家のクモハ40を格好良くする為に早速購入です。
KATOの添付サボ受けも良いパーツですが、ここはやはりソリッドなものでは無く、箱状のパーツが欲しく悶々としていたので、此の度ご退場願う事になりました。
ゴム系接着剤で止めていますので、タミヤのエナメル溶剤を毛細管現象を利用して流し込みます。
   IMG_20180315_121938.jpg
数分放置すると粘着力を失い、ちょっとの力で取り外す事が出来ます。後に何か良いものが出た時、置き換えがスムーズに出来るようにこう云ったパーツはゴム系で止める様にしています。
   IMG_20180315_123034.jpg
取り外した後は接着剤が残るので、爪楊枝にゴム系接着剤を巻き付けたトリモチで該当箇所をペタペタしますと、綺麗に購入時の状態に戻す事が出来ます。
新規パーツを取り付ける準備が整いました。
スポンサーサイト



魅惑のbodyタキ43000を16番(HO)で愉しむ 初期車編①

2018年 03月21日 22:39 (水)

タンク車ってイイですよね!
ちょっと怪しげな導入ですが、四角いばかりの鉄道車両にあって、丸みを帯びたプロポーションが彩りを添えていると思っていますが、果して賛同者は居るのか怪しいところです。
実際のところ、車扱い全盛期の貨物列車の中に数量組み込まれて居た様も目に楽しく、今日残ったコンテナ列車以外で目の当たりにするのもタンク車以外ほぼ無いのが実情ですから、模型でも少し掘り下げても良いのかな?という気がします。
IMG_20180226_111703.jpg
先日、KATOから異端車銀タキの発売が予定されましたが、何よりタキ43000の魅力は同一車種で組成された長編成が魅力です。再生産の度に少しづつ両数を増やしていますが、耳元で悪魔がささやきます。「編成が揃って綺麗だけど微妙に違うのも混じってるよね?」と…
はい貨車の悪魔さん気づいちゃてました…
 IMG_4790.jpg
では初期中の初期、トップナンバー車です。昭和42年生まれですから現在51歳、未だ現役とは恐れ入ります。
同じ異径胴タンクでもタキ38000は細身、タキ1000はちょっと豊か過ぎ、タキ43000の絶妙なプロポーションが堪りません。
 IMG_2952.jpg
同一ロットの10番目の逆サイド側。フレーム上の票差し位置が後の車両と同じ位置にある以外、トップナンバーとの大きな差異は無さそうです。
初期0番台は0から36までの37両のグループです。後の最大勢力100番台との違いは主に台車でした。初期車はTR41の耐荷重を増したTR210という専用台車を持っていましたが、平軸受けなのが災いし、必要な両数組成すると走行抵抗が増し機関車が引き出せないという自案が発生、早々に設計が見直される事になりました。近年では台車が振り替えられ運用に制限は無くなりましたが、フィールドで毛色の変わった車を実際見つけるとほくそ笑んでしまいますよね。
上の模型写真にも実は混じっています♪では近々製作の様子をご紹介致します。

銀タキが7月の予定品!?

2018年 03月12日 11:11 (月)

何か面白い事は無いかな(鉄道的な意味で)~と思って居ましたところ、KATO7月の16番の新製品がEF65の2000番台。
ふむふむ、最近は貨物更新色も市場で見かけないので実質再生産だね♪さて付け合せのトレーラーは何でしょう?タキ43000なるほど前回の再生産から日は開いてないけど意外と売れてるみたいだから有りか…
ん?タキ143645?  マジか!! と思った諸兄も少なからず居られたのでは無いかと思います。私もその一人
 IMG_3300.jpg
以前は暇が有ると多摩川でまったりレンズを向けて写真を撮って居ましたが、最近はとんとご無沙汰です…
なんの変哲も無いPF牽引のタンカートレイン。
おわかり頂けただろうか… このシャッターを切った直後違和感を感じます。
 IMG_3302.jpg
前から5両、出た!銀タキ!!慌てて撮ったので斜めっています(笑) 
これ以降、何回か見かけましたが写真に収めたのはこのショットのみ。タキ1000とも混用されますから1/1500位の比率になりますかね(中京には行かないからもう少し低いか…)でもそれくらいレアです。タキ43000の中でも1両のみのURなこれを製品化しようと決めたKATOにある意味頭が下がります。確かにプラレールでも出るくらいキッズから大きなお友達まで人気が有りますが…
ちょっと薀蓄を話すと保安対策車600番台の追番で、1987年に試作されたタンク内清掃を簡略化する目的で採用したステンレス製タンク体を持つ車両。ということになります。廃車発生品のTR215を使う事を前提しした為か、他の600番台とは違いタンク体の形状が先祖返りし細身になっています。
台車は2つめの個性なので再現してくれる様ですが、タンク踏み板や保安対策車に則した強化型の端梁なんかはスルーされるんだろうなーなどと思いつつもちょっと楽しみな新製品予告でした。

惜別の思いを込めてインレタを貼る~命脈尽きる183系列に寄せて~

2018年 03月01日 15:12 (木)

先日信州色のトタM50編成が長野への最後の旅に出たのは記憶に新しいですが、残ったM51、52の189系2編成も今春で引退することが発表になりました。一足先に平成生まれのE351系が消えた事を考えると、良く頑張ったと思うのが正解かも知れませんが、幼少よりL特急と言えばあずさしか知らなかった自分にとって寂しくないと言えば嘘になります。あまり葬式鉄はしたくないのですが、さすがに直流特急色の最後は見送ろうかなと考えています。
  IMG_20180301_124831.jpg
この発表が有ったからという訳では有りませんが(虫の知らせ?)、数日前に他の品物と一緒にエンドウのJNRマークを購入。予定の9両揃った段階で貼り付けようと思って居ましたが、これだけでも先行して貼りつける事にしました。
  IMG_20180301_125032.jpg
位置決めの参考にはウェブ上の写真とKATOのNから寸法を割り出しました。それにしてもNは小さい…
  IMG_20180301_130249.jpg
乗務員扉から3.6㎜、帯から8㎜位と見当を付けました。悪くない位置だと思いますがどうでしょう?
  IMG_20180301_134042.jpg
反対側も同じ様に位置決め。貼りつける際は上下に気を付けましょう。スッと切れ込みが深い方が"J"です。
  IMG_20180301_135107.jpg
スピード感のあるこのマークのデザインは秀逸です。
ぜひM51編成最後の時はカッティングシートでも構わないので、国鉄特急車としての誇りを胸に送ってほしいものです。
また本当の最後N102編成の一日でも長く活躍できる事を願わずにはいられません。