FC2ブログ

03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

チキ5200を見てみよう

2017年 04月22日 17:18 (土)

仕掛り品も無くなり、そろそろ何か作りたいな・・・・と思っておりますが、製作予告だけして未着手のチキ5200を始めようかと考えており、自身への意欲高揚と頭の整理の為、実車を見て行こうと思います。
IMG_6718.jpg
まずはチキ5200の簡単な紹介。
実は誕生の経緯が特殊な貨車で、レール輸送の長物車が必要で・・・・というシンプルな理由ではなく、云わば副産物的な車両なのです。1970年代後半、活躍の場が拡がっていたコキフ50000がコキ50000にそのまま車掌室を載せた構造が災いし、リジッドな乗り心地から労働組合からの槍玉に上がっていました。一方、コンテナの大型化から4個積に改造されたコキ10000系は積載効率が低下、これにより余剰車が発生していました。しかしこの10000系貨車のTR203台車は軸受けこそエコノミカル構造ですが、空気バネの台車はおよそ貨車には過ぎたものだったのです。台所事情が火の車の国鉄がこれを生かさない訳が有りません。積載重量は減りましたが不満解消の為、台車をコンバートしコキフ51000として登場させたのです。かくして残されたコキフ50000のTR223とコキ10000の台枠は廃棄・・・・とはお上が許しません。そこで、冷蔵庫の残り物でもう一品的な発想で生み出されたのがこの車両なのです。

チキ5308 1エンド側
IMG_6725.jpg
IMG_6726.jpg
IMG_6724.jpg
短縮された台枠の様子を見ます。資料によると4分割したうえで再構成しているとの事です。

チキ5258 2エンド側
IMG_6727.jpg
IMG_6728.jpg
IMG_6729.jpg
票差しや積載表示、各部レタリングを見ます。車体は見事に点対称で外観にからではどちらのサイドも見分けが付きません。
やはり模型製作には実車を観察するのが一番。何よりこの資料などを調査する時間が醍醐味です。
チキ5200、誕生の経緯は望まれて誕生したものでは有りませんでしたが、結果として長生きしています。これからも10000系貨車の忘れ形見として残って行く事でしょう。
模型の話しをしますと近々金属キットが出るようですが、先のチキ6000と編成を組みますので私は「プラ板自作」で行きます!!
スポンサーサイト



さくらの季節

2017年 04月17日 15:32 (月)

自宅の窓から某団体のグラウンドが見え、今年も見事な桜が花を付けました。恵まれた環境ゆえバッグに一眼、三脚かついで撮影地へ!ということを全くしない出不精な自分ですが、心では桜と一戦交えたい気持ちは常に有ります。
今年は会社帰りに機関車と絡めて・・・・などと考えつつカメラを持ち歩いては居ましたが、そうそうチャンスが有る訳も無く、いつのまにやら今年の桜は終了のお知らせ(笑)
せめてもの罪滅ぼしに昔撮った写真を掲載です。
IMG_4546.jpg
101系最末期の頃。
流石に塗装の艶は失せ、悲哀を感じる様相ですが、菜の花の様な黄色の車体は桜や花ダイコンの紫と絶妙なハーモニーを形作っていました。
IMG_4527.jpg
今年も多摩川線沿線は、さぞ美しい花が咲き乱れていたと思いますが、同じ101系でもおよそ塗装とも呼べない様な無彩色の電車では、今一写欲も湧かぬもの。
来年の今頃は新作を披露したい所ですがはてさてどうなる事やら。でも古い車の方が受けがいいのも現実(困)
IMG_5408.jpg
写真追加。 
まだ季節の文字と子どもたちのイラストが有った頃は良かったですね。

わかるかなぁ、わかんねぇだろうなぁ

2017年 04月10日 14:25 (月)

松鶴家千とせみたいな入り方ですが、預かっていたKATOの東急5050系4000番台を仕上げました。
オーダーは前回書いた様に番号の変更でしたが、そのままではつまらないので、トップナンバー編成に仕上げました。
IMG_9318.jpg
4104Fまでは6号車が余剰車の組み込みの為、他車のステンレス鋼体がヘアライン仕上げなのに対し、この号車のみが窓周りがダルフィニッシュと特徴が有る為、ぜひ表現したいとオーナーに許可を貰った次第。
ガイアノーツのフラットクリアーに微量の白を加えたものを吹いてみましたがウーン・・・・ツヤの差は出ているけれど判り辛いカナー
実物を見ると明らかな違いを感じ取れますが、模型では誇張して色自体を変えないと判らないのかも知れません(脳内補正もはいりますし)。追い討ちを掛けるようにNでは大きさも無いので、こういう表現は向かないのかも知れません。
IMG_9326.jpg
先頭車は至って普通に仕上げました。
そうそう、今回、製品のナンバーの剥離にはユニクリーナーを使っています。下地をほとんど傷めませんが、綿棒でこする為車両によってはツヤに差が出るので、もし同じような加工をされる方は、見えない所で試してからが良いと思います。因みにツヤツヤステンレスは大丈夫でした。
それにしても、N小さい・・・・

ちょっとお買い物

2017年 04月01日 21:13 (土)

巷は2回目のプレミアムフライデーとやらを迎えていましたが、朝礼で言われて始めて気が付く始末。サービス業は全くもって恩恵の無い不思議なイベントです。販売業に従事していた頃なら、数字を立てる機会なので違う意味で意識しますけど・・・・それでもやっぱり個人的には恩恵無し(笑) 仕事が増えるのみです。世の中はカレンダー通りの休みではない人も沢山居るんですよ。お上のお偉いさん方、ご一考お願いします。と、こんな所で愚痴った所で仕方が無い訳ですが、平日休みを謳歌する為と運動不足の解消の為、先日歩いて立川までお買い物。
IMG_9273.jpg
インレタを物色に行ったのですが、欲しい物は見当たらず、自分用にはエンドウの黒染め車輪など買いつつ、キョーサンで頼まれもののトレジャータウンの東急用のインレタを買い、昭和記念公園を通り抜けたりしながら帰宅。なかなか楽しかったです。
IMG_9272.jpg
さて、このインレタですが、この預かり物の加工に使います。久しぶりのNゲージはとても小さいです。ダブっているとの事ででオーダーは車番の変更ですが、それだけではつまらないので4001Fにしようと画策。ご存知の方も多いと思いますが、4001Fにするという事はデハ4601が元を正せば5000系からのコンバート。ステンレスカーに興味が無くても鉄道好きなら違和感を感じずには居られない佇まいですので、一寸艶消しクリアーでも吹いて表現しようかという算段です。
それにしても東急電車は今も昔も車両の仕様が定まらない不思議な会社です。