FC2ブログ

01月 « 2017年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  » 03月

KATO 16番クモハ40到着♪

2017年 02月20日 14:01 (月)

前回品を里子に出してしまいましたので、手元に久しぶりに戻って来たクモハ40です。
IMG_9175.jpg
とりあえず、ざっと見た所、塗装も印刷も素晴らしく申し分無し、むしろ綺麗過ぎて旧国感が無いと感じる方も居られる事でしょう。
リアリティーよりも模型としての美しさが有っても良しと考えている自分としては、十分過ぎる位ですが・・・・
では早速、部品の取り付けと・・・・行きたい所ですが・・・・
IMG_9170.jpg
会社の同僚G氏よりのキハ181系が入場しているのです。流石にこれを放置する訳にも行かず、今週の休みはこの子に手を入れます。
中古品を譲ってもらったものだそうで、G氏初の16番車両です。なかなかのコンディションの品ですが、本人曰く車側灯が付けられないとのご相談・・・・ この手の作業、残念ながら苦手とする方も少なからず居るものです。レディートゥーランが鉄道模型界の中心になるのも仕方が無い事なのでしょうか・・・・
当初懸念していた側灯の数も十分過ぎる位入っており、こちらの作業は順調に終了。
IMG_9169.jpg
むしろ気になったのがこちら。先の写真を御覧頂くと判りますが、標識掛けが付いていません。パーツは有りましたが、あら1つ足りません。
今回のオーダーでは有りませんが、折角のイケ面が台無しです。仕方が無いので手持ちの真鍮帯で不足の一個を作ってあげる事にしました。
IMG_9179.jpg
ヤットコで折り曲げ、ヤスリで形状を他のパーツに似せて加工。
プライマー処理を施した後に、小田急アイボリー、ねずみ1号、白で調色した特別塗料で仕上げました。
さて、左右どちらが自作でしょう? 教えません♪
次回は自分のクモハ40にパーツを付けます。
スポンサーサイト



バレンタインに茶色い電車がKATO様からプレゼントの様です。

2017年 02月13日 16:14 (月)

久しく市場から姿を消していた16番のクモハ40がいよいよ再販されます。本来はクモハ41、クハ55と同時発売でしたが繰り下がってまるでバレンタインのプレゼントになってしまいました。
今回の再販ではボディーに基本的に変更は無いようですが、足回りが刷新されるとの事で私も楽しみにしています。前回品は3車種購入していましたが、今回は本命のクモハ40だけ購入する予定です。
また動態保存時代の074に馴染んでいることも然る事ながら、職員輸送で各所に残っていたクモハ40にインスパイアされているからに他なりません。
IMG_3370.jpg
074号は一度除籍されましたが、JR移行直前に車籍復帰した幸運な車両。惜しくもブレーキ系統の構造に起因する情勢の変化から動態保存がままならなくなりはしましたが、貴重な戦前省線電車の生き証人として末永く保存して頂きたく思います。

ちょっとしたおせっかいですが、東京近郊にて最後のご奉公をしていたクモハ40の半流型の車歴と模型との気になる差異を独断と偏見で纏めてみました。
まずは車歴
     最終配置 廃車年度  最終用途    備考
クモハ40059  南フナ 昭和58年  職員輸送  
クモハ40061  西トタ 昭和58年  職員輸送    青梅線運用終了後事業用として存置
クモハ40071  南フナ 昭和58年  職員輸送    青梅線運用終了後事業用として転属
クモハ40072  西トタ 昭和52年  増結・小運転  
クモハ40073  西トタ 昭和55年  職員輸送    青梅線運用終了後事業用として存置
クモハ40074  横コツ 平成19年  イベント用  

     IMG_3364.jpg   IMG_3365.jpg

模型との形態差異①
       正面           ワイパー設置       側面
クモハ40059                  下  
クモハ40061 2エンド側ジャンパ栓受け無し               乗務員室ルーバー残存
クモハ40071                  下  
クモハ40072                  下  
クモハ40073                  2エンドのみ下から  
クモハ40074                  下  

模型との形態差異②
     方向板受け          屋根上        ランボード
クモハ40059 1エンド側特殊形状    
クモハ40061                           中心部足が無い
クモハ40071  横桟有り    
クモハ40072               避雷器逆位置       両端足幅広
クモハ40073                            両端足幅広
クモハ40074      
屋上配管とドアに関しては差異が有って当たり前の旧型国電ですので、もしいじるのなら腕の見せ所かもしれません。
私は何所を見なかった事にするか思案中です。それにしても模型のクモハ40、絶妙に没個性なクモハ40に仕上がっていると思いませんか?つまりどのクモハ40にしても問題無いとも取れる訳です。
そして今回は付属パーツに正面方向板受けが付くのがとても嬉しく思います。関東の旧国を楽しむにはこのパーツは必需品ですから。

イチからチキ6000を作ろう⑥ 16番(HO)

2017年 02月06日 14:17 (月)

先週は仕事づくめで横浜の模型イベントすら行けずじまいでした。基本Nばかりのイベントですので行ければラッキー程度でしたが、なかなかどうして、突如沈黙を破り、怒涛のKATO16番再生産攻勢&噂のクモハ12の告知も有ったので、楽しい時間を過ごされた方も居られたのではないでしょうか。自分も65PFは購入決定です。いやー待ちました。

閑話休題、前回までのチキツク⑤でチキ6000用のパーツは全て揃いましたので、レタリングを施して完成した姿です。
それではチキ6000の七変化?(3種しか有りませんがw)を御覧下さい。
IMG_6810.jpg
まずは何も付いていない正しくフラットカー状態。
この状態で仕事をするとすれば、各種車輌の輸送なんかでしょうか。そのまま列車を仕立てるとすれば、以前、実写写真を挙げましたが、配給列車をイメージして半端な貨車と組んでそれらしく遊ぶというのもオツではないでしょうか。
IMG_6812.jpg
そして正装?ステークを立てた状態。
長物車かく有るべしと言う姿ですが、車扱いヤード継走式貨物が絶滅した今日、実際何を積んで走っていたのかを想像することすら困難な自分が居ます。原木を積んで武蔵野線を走る姿は想像出来ませんし、電柱や土管みたいな製品を本当に積んでいたのでしょうか?たった1両の貨車設定でもこの体たらく・・・・昭和は遠くなりにけりです。
IMG_6811.jpg
そして皆が大好きレール輸送姿。
というか、この姿しかピンと来ませんね。特に語る事もありませんが、模型化するあたって諸兄のHPを参考にする訳ですが、緊締装置とステークが同居していたり(ステークのショートバージョンも有り)と意外とバリエーションが有るようです。自分の行動範囲で見られるのは越中島から来る車ですから、これで良いですけれど・・・・
折角、緊締装置が可動式なので積載姿を楽しみたいのですが、レールも只じゃ有りませんので見栄えがする程積むとなると・・・・二の足を踏んでしまいます。うっかり踏んで壊したユニトラックから引き抜いたレールを積んで遊ぶのが精一杯。
IMG_9168.jpg
人間の欲望とは恐ろしいもので、レール輸送の魅力を知ってしまうと定尺レール一本分の長さでは満足出来なくなってしまい・・・・編成を伸ばしたい衝動に抗う事が出来ませんでした・・・・気づいたらいつもの図面と、何故か台車が手元に・・・・

近日チキ5200を製作開始!!