FC2ブログ

03月 « 2016年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

ネコパブリッシング(ホビダス)創意工夫103系を弄る モハ102、103ユニット編⑤16番(HO)

2016年 04月30日 15:39 (土)

記述をご無沙汰していますが、103系の加工も進行中です。側面の表示灯を直したりもしましたが、MGの風道等を付けた段階でまとめてご案内しようと思います。
目下手間取り中なのがこちらの作業。
         IMG_8718.jpg
元のモールドが肉厚なので電動ドリルやリューター総動員で作業してますが、如何せんつまらないw
遅々として進みません。一日/両が精一杯。全両終了まで暫く時間が掛かりそうです。
         IMG_8720.jpg
事の発端は、クーラー自体の厚みが微妙に足りないのと、ディテールも甘く、何より横に並ぶ4つの出っ張りがシンメトリーに並びぶ姿が気になってしょうがない為です。トミックスのパーツに置き換えて精神の安定を図ります。同時にランボードの謎の滑り止めも削り取ります。
欲を言えば三菱ではなく東芝タイプのAU75が欲しいところですが、それは無いものねだりでしょうね。一個約150円とこの手のパーツでは破格ですし・・・
スポンサーサイト



祝 DE101099号機 東武鉄道再就職内定

2016年 04月25日 14:10 (月)

来春から東武鉄道にて北海道から出向扱いでC11207号機がやって来ますが、同時に客車や貨車も各地から集結します。今市から鬼怒川温泉にかけてそこそこな勾配を有する事から、蒸気列車導入の噂が出始めた頃から補機に関しても様々な憶測がなされて来ました。
この度、東武鉄道の公式発表にJR東日本からDE10を購入する旨の記載が有りました。果たして何号機が行くのか?
そしてこの度明らかになったのが、1099号機の移籍発表。
1099号機といえばDE111031と共に大宮工場の入換え機として名を馳せていました。スピーカーから警告音を鳴らしながら走る姿は独特でしたが、最近になって入換え動車に置き換えられてしまい、本線復帰していたものの比較的若番故、処遇が気になって居ました。
       IMG_7995.jpg
そんな中、この度東武鉄道への移籍の報は喜ばしい限りで、装備も独特な機関車でしたが、経歴もいよいよ独特なものになります。
IMG_5748.jpg
DE10の私鉄への譲渡はそう珍しい事では有りませんが、サポート役とはいえ大手への移籍。万能機関車の面目躍如というべきでしょうか?
それにしても、つくづく蒸気機関車に縁の有る機関車です。

拝島米タン散歩②

2016年 04月22日 23:40 (金)

拝島米タン散歩第2回です。
今回はもう撮影が不可能になってしまった踏み切りのお話。
IMG_1001.jpg
かつて拝島には日本一長いと言われた踏み切りが存在していました。
西武拝島線、八高線、青梅線を跨ぐ為長かったのですが、その長さを更に助長するかのように留置線と保線区も挟み込んでいました。国鉄時代にはここで機関車の交換や、貨車の入換えも行われていましたので、賑わいを見せていた当時、貴重な写真を撮影された方も多いのではないでしょうか。
記憶には有りますが、ED16やEF15が現役の頃に訪れたかった場所でもあります。さすがにカメラを振り回すには幼い頃でしたので実現しませんでしたが・・・
IMG_1185.jpg
間に遮断機も2箇所有った為、途中で立ち止まり、こんな構図も撮影可能でした。
暮れなずむ中、人と機械がまるで語り合いながら仕事場へ向かう。そんな1枚を収める事が出来ました。

拝島米タン散歩①

2016年 04月16日 08:00 (土)

桜もすっかり散り、緑も眩しい葉桜の季節が間もなくやって来ます。
先週は恨み節みたいな内容でしたが、他の季節も楽しいものです。この引き込み線、短い距離にも係らず魅力的な鉄道シーンを提供してくれます。勿論走り回る車にも魅力が有るのですが、それを引き立てるジオラマ的と申しましょうかそんな魅力を感じます。
        IMG_2965.jpg
基本デーテンマニアなのでこんな写真ばかりですが、米タンがらみの写真を蔵出ししょうと考えています。タキ35000なんかの写真もお目にかけようかと思います。

さくらの季節になりましたが・・・

2016年 04月09日 17:09 (土)

103系の製作は少しづつ進行中ですが、少し纏まってからご紹介しようと思います。

家の窓から見えるグラウンドの桜も満開で、苦手な寒い季節が遠ざかるのが嬉しく思う今日この頃ですが、この時期いつも悶々としているのが下の写真の撮影場所の事です。奥の木が桜なので、交えて写真を撮りたいと常々思っているのですが、なかなか実現しません。
   IMG_1013.jpg      IMG_1093.jpg
場所は拝島駅の直ぐそば、ご近所の方ならすぐお分かりかと思いますが、玉川上水に架かる横田基地引込み線のガーダー橋付近です。上水に沿って桜の木が見事なこの季節、ぜひDE10との競演をと思っていますが、何分、週1回走れば良い米タン。その日に休みがかち合う確立も低いので未だ実現していません。そうこうしているうちに引かれるタンク車は3世代交代、しかも運用に入る鶴見所属のDE10原色機は全滅と残念な事態に・・・
せめてDE10が現役のうちには何とかしたい所です。

そして誰も居なくなった・・・

2016年 04月01日 16:11 (金)

先日、カシオペア牽引用に残されていた銀色のEF510もとうとうJR貨物に譲渡されてしまいました。
IMG_8201.jpg
JR旅客会社保有の非抵抗制御の電気機関車の消滅を意味します。
と同時に、いずれ寿命が尽きるであろう国鉄由来の機関車の後継は用意しないと宣言した様なもので、日本において、旅客輸送での動力集中方式への決別と捉えても良いのではないでしょうか。
電車中心の世の中で、唯一活路を見出していた静粛性を旨とした高級志向の客車列車ですら、この流れには逆らえなかったという事です。客車自体は存置され、暫くは団臨に供されると発表が有りましたので、EF81や641000が引いて回り、北へはEH800が引くという事でしょうが、機関車牽引の列車という存在が全くの非日常になってしまった事に言い知れぬ寂しさを感じます。
短い間でしたが、一瞬の輝きを見せてくれたEF510達。新天地での活躍を願うばかりです。