FC2ブログ

02月 « 2016年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

ネコパブリッシング(ホビダス)創意工夫103系を弄る モハ102、103ユニット編④16番(HO)

2016年 03月30日 16:13 (水)

モハユニット編再開致します。
            IMG_8657.jpg
と、いきなり写真はクハの車端部です。以前にも書きましたが方向幕の位置がどうにもおかしい。左右の位置も、天地方向、窓の寸法に至るまでとても不思議な部分であります。ですので綺麗サッパリ潔く埋めてしまいました。現物合わせで0.5㎜プラ板を切り出した物を瞬間接着剤で固着、ヤスリで仕上げてまずは一息。
            IMG_8686.jpg
次の工程は0.2㎜のプラペーパーから方向幕のHゴム部を切り出します。寸法は絶対では有りませんが、自分の解釈として8㎜×3.25㎜位で作ってみました。もちろん四隅にRも付けます。
             IMG_8692.jpg
側面の任意の位置に貼り付けたら、中心部分をドリルで開穴、細密棒ヤスリの出番です。
            IMG_8700.jpg
完成したのが上の写真です。位置関係が良く判ると思います。特にモハ102とクハ103が連結する側では、方向幕が接近しますが、サッシの中心からお互い追いかけ、逃げる感じが表現出来たのでは無いかと思います。
安心したのもつかの間、新たなモヤモヤ部分。車側表示灯の位置が・・・特にモハはドアユニットの辺り(ST式ですので実物なら駆動モーターとゴムベルトが通っている)に表示灯が付いています。球切れ時、どう交換するのでしょう・・・号車札受けも微妙な形状です。いっそ無い方が清々しいのですが・・・
スポンサーサイト



無事に2000アクセスを超えました。

2016年 03月23日 21:28 (水)

取り立てて新鮮なネタもご用意しては居りませんが、模型作りの記録にとゆるゆると綴っている当ブログです。お蔭様でこの度2000アクセスを超えました。この場をお借りしお礼申し上げます。

IMG_5882.jpg

元来出不精なのと、琴線に触れる実物の減少により、出撃回数がめっきり減ってしまい、こと実車に関しては手前味噌なページ作りに終始しているのが良いのか悪いのか判らない所では有るのですが、今しばらくお付合い頂ければ幸いです。

ネコパブリッシング(ホビダス)創意工夫103系を弄る モハ102、103ユニット編③16番(HO)

2016年 03月21日 15:31 (月)

なかなか大きな進展が見られ見られませんが、さっぱりし過ぎが気になっている連結面の加工開始。

         IMG_8687.jpg
ユニットサッシの枠を表現する為、0.2㎜プラペーパーを9㎜×12.5㎜に切り出し貼り付け。

IMG_8688.jpgIMG_8689.jpg
アートナイフでX字に切れ目を入れて、くり抜いた所をヤスリで仕上げてサッシ枠の出来上がり。

IMG_8708.jpgIMG_8711.jpg
そしてモハ102冷房車の隠れた特徴、2エンド側の配電板の出っ張り作り。
0.5㎜プラ板を6㎜×6㎜で切り出し、断面が台形になるように(マスタバ形とでもいうべきかな?)これもヤスリで成型します。
頭の中ではかなり完成に近づいていますが、実際はまだまだです。
足回りに関しては全くの手付かずですしね。
次回は気になる箇所修正シリーズ、側面編へ続きます。

ネコパブリッシング(ホビダス)創意工夫103系を弄る クハ103編⑧ 16番(HO)

2016年 03月15日 20:04 (火)

前回更新から大分時間が経ってしまいました。
毎日の様に利用する山手線ではE235系が仕切り直して走り出す世の中ですが、シコシコと103系を作り続ける今日この頃です。
作業内容は中間車も先頭車も同じ作業内容になって来ましたので、分ける意味が無くなって来ましたが、とりあえず少し進捗したクハのご面相を。
IMG_8702.jpg
悩んだ挙句、方向幕を抜きました。追々光らせたくなるかも知れませんので準備工事です。そして窓下はワイパー用に0.6ミリドリルで開穴。今回もKATOのパーツを用いる予定です。本来運転台側に通風用の蓋が付きますが、塗装後に付けようと思っています。
そして今回唯一お金の掛かっているジャンパ栓受け。エコーモデルの品番2646を奢ってあります。シンプルな顔故、こんなパーツでも表情を左右するに十分で、最初開けた取り付け穴では上付き気味で表情に違和感が有り、再度開け直しました。
書き忘れていましたが、屋根Rの曲率も違和感が有ったのでそれらしく(本当はもう少し深さが必要)修正しています。製品のままだと201系や185系の様なずいぶんハイカラ?な曲線を描いていましたので。また、左右の突合せ部もRを付けています。切り妻でも微妙にRは有るのです。

ネコパブリッシング(ホビダス)創意工夫103系を弄る モハ102、103ユニット編②16番(HO)

2016年 03月04日 17:34 (金)

真鍮線を引き回すぞ!!とパーツを買い込み勇んで取り組む前に・・・
実際の配管や位置関係は判ってるの?と自問自答してみました。
自信が有りません・・・事前準備が必要です。
IMG_8685.jpg

こんな時は簡単なスケッチを書きます。
実際の寸法は不明な所も多いですが、手持ちの資料やネット上の実物写真、果てはNの完成品やらを総動員してでっち上げます。
キット自体の誤差や、原図からの縮小時の誤差、加工しやすい寸法へ丸めたりと、アレンジして書きます。面倒ですが、カッチリした出来に手間を惜しんではいけません。趣味ですから納期も関係有りませんしね。
では早速パイピング!!とは行かず、側面方向幕と、連結面に省略されているユニットサッシを追加する作業を先行しようと考えてます。