FC2ブログ

08月 « 2020年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

KATO EF510 500番台(16番・HO) グレードアップ

2015年 09月06日 17:12 (日)

北斗星つながりで、EF510 500番台模型の話をしようと思います。
KATOの16番EF510シリーズは魅力的な価格帯、適度なディテール、新方式トラックモーターによる牽引力、走行性を兼ね備えた好製品です。
私の元にも友人よりプレゼントで頂いたEF510が所属しています。この製品のもうひとつの特徴としてメーカーサイドでグレードアップ用のパーツが豊富に用意されており、手軽?に他の製品に近づける事が出来ます。近々北斗星客車の追加新製品発売と同時に、このグレードアップパーツも再生産が予定されています。
                   SBCA1026.jpg
パーツセット①の信号炎管、ホイッスル、無線アンテナは説明書通りで簡単に行きます。
                    SBCA1027.jpg
意外な落とし穴がスカート周りで、寸法記載やメクラ穴も有りません。各パーツ自体もデフォルメも加わっているので正確では有りませんが、自分はこんな感じで取り付けてみました。また、誘導員ステップがEF65PFのパーツなので補強の三角状の部分を削り、EF510のそれっぽく手を加えました。
                    SBCA1031.jpg
ワイパーや標識灯掛け、ヘッドマークステーおよび500番台にしか無いタイフォンカバーはパーツセット②に含まれています。ワイパーとステー関係の開穴にはシール式の冶具が付いており大変便利でした。ヘッドマークステーの取り付けは省略しましたが、他はプライマー処理の後、手持ちの青20号(モリタ)、タイフォンをねずみ1号(ガイアノーツ)で塗装後、ゴム系接着剤で止めて有ります。
                    
                    SBCA1032.jpg

参考に実車の写真も付けておきます。

                IMG_5557.jpg
スポンサーサイト