FC2ブログ

08月 « 2020年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

最終章 タキ43000を16番(HO)で極める? 保安対策車編⑰

2019年 11月25日 15:28 (月)

前回作った小物の取り付けが完了したので、今回で保安対策車編は終了となります。
一両作るのに大分項を割いてしまいましたが、流石、社会情勢に翻弄された国鉄時代のタキ43000の最終形態(試作要素の強いタキ143645は除く)一筋縄では行きませんでしたが、何とか形にする事が出来ました。
心残りは、デカールが手に入らず、本来はプレートを省略する為に社名が直書きになっている表現が出来なかった事、一部溶接痕の位置が考証不足の所が有る所等有りますが、もう作りたく有りません(笑)
では、完成した姿をご笑覧下さい。
 IMG_20190930_090353.jpg
ブレーキハンドルを後位にした状態が所謂公式側と呼ばれる状態の様です。
 IMG_20190930_090416.jpg
完成品には及びませんが、混結してもそんなに違和感を覚えない仕上がりは得られたのではないかと思います。
 IMG_20190930_090603.jpg
検査表記の板は、タンク体受けのこの位置に来ます。取り付けはゴム系接着剤を用いて、様子を見ながら取り付けました。
種車のタキ1000では天面に泥除けが付きますが、タキ43000はそれが無く、剥き出しの車輪にテンションが上がります(実車はちょっとおっかないんですけどね…)
 IMG_20190930_090442.jpg
荷受け表示板はこんな感じで欄干に付きます。
ランボードは本来は滑り止めの観点からパンチングボードが用いられていますが、妥協して板状のままなのは見逃して下さい(何かいい方法無いかな…)
マンホール周りはくり抜いて反転させていますが、ここまでアップにしても段差が無く仕上がっているのは自己満足ポイントです。
 IMG_20190930_090742.jpg
奥が準保安対策車、手前が今回の保安対策車。
タンク体が保安対策車は太くなり欄干の高さも変更になっているのと、長さも変更され広々としています。

実際の保安対策車、準保安対策車ともオイルターミナルから日本石油輸送への移籍が多く有り、不幸にもタキ1000に置き換える時期と重なり、0番台、100番台車よりもみるみる姿を消してしまいました。ここに来てオイルターミナルに残れた車も経年の浅い243000番台に置き換えが進行中、長い物では50年働いた国鉄由来の43系統もいよいよ年貢の納め時の様ですが、模型では何時までも現役で武蔵野線の「ブルートレイン」として活躍させたいですね。
 IMG_20190530_151047.jpg
さて、これだけ気合いを入れて作ったタキ43000達ですが、ごらんの通り編成に組むと…
わかる人だけが分かればいいんです。これが貨車の楽しみですから♪

スポンサーサイト



最終章 タキ43000を16番(HO)で極める? 保安対策車編⑯

2019年 11月18日 16:52 (月)

最終章が一番長引いているのが、某戦車アニメ的な所では有りますが、タキ43600番台編こちらは終わりが見えて来ました。
前回で組み上げてますが、作り忘れたと云うか省略しようかと悩んでいた所の下の部位ですが、やはり付いていないと気持ちが悪いので、作る事にしました。
  IMG_0122.jpg
今では用途を失って居ますが、荷受け表示板差しが無いとスカスカで気持ち悪いのと…
  IMG_0122 - コピー
種車にしたタキ1000はタンク体受けに検査表記が有ったので問題有りませんが、タキ43000は検査表記板が無いとやっぱり気持ちが悪い…
   IMG_20190928_130833.jpg
素材は0.3㎜のプラ板を用意。
   IMG_20190929_004748.jpg
小さい方にはエコーモデルの貨車用票差しを瞬間接着剤でチョチョイと貼りつけて上端を45°に切り取ります。
   IMG_20190929_020304.jpg
大きい方は、HOBBY BASE(イエローサブマリン)のプラストライプ0.14㎜厚、0.5㎜幅の物を貼り付けてそれらしく。最近老眼気味で、ルーペ(時計屋さんが使う目に嵌めるヤツ)が無いと、この手の作業がしんどくなってきました…
   IMG_20190929_072356.jpg
で、こんな感じです。
荷受け表示板の裏は1㎜角のプラ棒を挟んであります。
   IMG_20190929_154048.jpg
裏っ側を先に塗装。筆塗りで青15号をぬります。
   IMG_20190929_164331.jpg
表側は流石に筆塗りする勇気は無く、エアブラシを用意。
後はインレタで文字を入れて完成です。

作業時間より清掃してる方が長い塗装作業でした。もう少し簡単に出来ないかな…掃除…

最終章 タキ43000を16番(HO)で極める? 保安対策車編⑮

2019年 11月05日 00:38 (火)

前回、サフを吹いてからいろいろ吹っ飛ばして塗装を完了してしまい、何やら判らない状態の方も居られるかとは思いますが、創作意欲MAXになると写真なんか撮ってる暇が無くなってしまうのはモデラー諸兄にはご理解頂けると思います(言い訳)
という事で、塗ったら次はインレタですよね。めんどくさがってインレタを入れない人を多く見掛けますけど、手摺取り付けをサボるよりインレタサボる方が目立ちますから、頑張りましょう!!
因みに私はこの作業結構好きなんですけどね。
 IMG_20190407_132427.jpg
ぶっちゃけ、どんだけディテールを盛っても文字の説得力には勝てない…
インレタ自体はタキ43000の旧製品付属のものを適宜並べ替えて使用。10年以上経っていますが普通に貼れます。
 IMG_20190407_134930.jpg
インレタで一番の失敗の原因は頑張って大きい台紙のまま貼る。のが原因では無いかと思います。
必要な文字を切り出して、場合に因っては一文字ずつでも手間を掛けるのが一番早く仕上がり近道です。
セロテープで位置決めをすると微調整も楽々?
 IMG_20190411_102810.jpg
 IMG_20190411_102755.jpg
インレタを貼り終えた状態。
本当は43601にしたかったのですが、0の在庫が無くなり2で代用しました。ま、良いか♪
 IMG_20190411_154757.jpg
 IMG_20190411_154741.jpg
次にコーポレートマークなんかを貼ります。これはアダチのデカールを使いますが、どこのお店にも在庫が無い!!
ストックのあるOTのコーポレートマークは何とか貼りましたが、日本オイルターミナルの文字をちょいちょい失敗する為、こちは在庫無し。
フォトショップでそれっぽく加工した文字でステッカーを作り取り敢えずは形にしました…
ほぼ完成なのですが、細かいパーツを作り忘れているので本当の完成はちょっとお預け。

最終章 タキ43000を16番(HO)で極める? 保安対策車編⑭

2019年 10月26日 23:29 (土)

今週は塗装工程をご案内します。
天候不順が続いてますから、一気に作業しましたので途中が大分抜けてますがご容赦下さい。
とはいっても所詮一色のみですから、大した事は有りません。よね?
 IMG_20190405_075200.jpg
部品にばらして塗装開始。
金属部分にはガイアのマルチプライマーを筆塗り。気持ちペた付くかな?位で塗装した方が剥げにくい様です。
 IMG_20190405_093901.jpg
家の玄関先でプラサフをシューシューしてきました。大分タンク体を苛めましたけど、大きな傷も見当たらず本塗装可能の様です。
 IMG_20190405_100708.jpg
サフが乾いたと思われる小一時間後…
 IMG_20190405_100729.jpg
仮組したくなるじゃないですか。良い…
 IMG_20190405_143447.jpg
再度ばらして…エアブラシとガイアノーツの青15号を溶いたものを用意! タンクはねじ穴に割り箸を刺して塗装。
 IMG_20190405_164839.jpg
日が暮れる頃に塗装も終了… 
遂に青い車体が戻ってきました。長かった…

最終章 タキ43000を16番(HO)で極める? 保安対策車編⑬

2019年 10月19日 19:41 (土)

ちょっと時間が開いてしまった割には進んでいませんが、前回の続きです。
保安対策車編⑦で作ったブレーキ関係のパーツを付けて行きます。
取り立てて込み入ったパーツも無い癖に、貨車関係のパーツは自作中心なので意外と時間が掛りました。
 IMG_20190402_121830.jpg
空気ダメを受ける台一つも寸法割り出しした後、何から作ってどう構成してASSYと組みつけるか…
そんな事を考えてると時間もあっという間… 
 IMG_20190402_121808.jpg
ブレーキシリンダー側はASSYのブレーキシリンダーを仮組してから設置位置を割り出します。ビシッと位置が決まった時の満足感は何事にも変えられません。自己満足の極地(笑)
 IMG_20190402_152001.jpg
付けるべきものが全て付きました。
 IMG_20190402_151931.jpg
いよいよ塗装工程に入ります。