FC2ブログ

08月 « 2020年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

イチからチキ5200を作ろう⑬

2018年 02月11日 12:10 (日)

レム5000が発売されそちらにかまけて居りましたが、こっそりチキ5200もほぼ完成していたのでした。
 IMG_20171213_074532.jpg
後ろにチキ5200とチキ6000を従えた工臨の返空風の一枚。
軽い荷で余裕綽々な感じが出ていて、涼しい顔のPFの引き立て役にはちょうど良いでしょう。
   IMG_20171111_170841.jpg
ではここまでの作業内容です。
今回はレタリングです。凹凸が多く、文字が転写しにくいこんな作品にはクリアデカールを使います。昇華型プリンター用のそれですが、文字をこれに写し込んだ後に外周を切り抜いて適切な位置へ。バラ数字を並べるのも安定しているのでとてもやり易いですよ。
   IMG_20171115_104315.jpg
密着度を上げる為にデカール軟化剤を用いていますが、古くなったいたのか文字まで溶けてしまい、少々失敗・・・・
Mrカラーなんかのポピュラーなものの方が、適度に弱くて良いかもしれません。
票差はエコーモデルの貨車用を塗装した後にゴム系接着剤で取り付けます。
    IMG_20171115_104330.jpg
離れたら分かりませんので、検査表記はKATOの余りものを流用して雰囲気重視です。その他はくろまやのインレタです。
    IMG_20180211_103655.jpg
従車のチキ5258。
   IMG_20180211_103637.jpg
主車チキ5308。
一部入荷待ちのレタリングが未施工(特にレール輸送専用表示)ですが…
そんなこんなで完成では有りませんが、チキ5200を作ろうは一旦ここで〆たいと思います。
スポンサーサイト



イチからチキ5200を作ろう⑫ 16番(HO)

2018年 01月08日 19:52 (月)

お正月から週末、そして成人の日と休みが続き、職種によっては間の平日までもが連休と羨ましいような羨ましくない様な打線が組まれていますが、私は本日のみがお休みです。
では早速、模型のお話を始めましょう。
前回はチキ5200の車体の塗装が終了、緊締装置の塗装に着手。
IMG_20171105_174237.jpg
塗装が完了した段階で組み立てますが、この時に回転軸受けも組み付けます。
写真は軸が飛び出てますが、軸の回転トルクを調整したら流し込み接着剤でとどめを差します。もう修正が出来ませんから思い切りと繊細さを必要とします。ちょっと失敗しました・・・・ 
IMG_20171105_182339.jpg
緊締装置はファルベの黄かん色を使っています。
実車の緊締装置は機械油と埃にまみれ何色か定かでは無い状態ですのであくまで推測ですが・・・・ 
IMG_20171105_182218.jpg
車体と合体。
IMG_20171108_114803.jpg
ブレーキ緊解表示板も白黒に塗り分けしておきました。車体にはゴム系接着剤で取り付けます。
IMG_20171111_151114.jpg
次回、細部の塗装そしてお待ちかねのレタリング作業です。

イチからチキ5200を作ろう⑪ 16番(HO)

2017年 12月18日 23:54 (月)

めっきり寒くなって財布くらいは暖かくならないかと期待した棒茄子がそうでもなくて、そうは問屋(宮○模型?)が卸さないなぁ・・・・と思いつつも、まだ模型弄りが出来る幸せを噛み締めながら日々仕事に精を出す今日この頃です。
さて貧乏暇なしを地で行く私ですが、家でもフル稼働、家事の合間に白いままでは可愛そうなのでチキを塗ってしまいます。
   IMG_20171102_160910.jpg
愛用のタミヤスプレーワークを取り出し、ガイアノーツの鉄道模型用カラー黒を使います。この色は大分艶を持った半艶で、全検上がり的(新製では無い)感じで好ましく車体の塗装に愛用しています。
   IMG_20171102_174436.jpg
多少斑になってもボテッとせず、入り組んだ所も塗りやすいので一度エアブラシを手にするとスプレー缶には戻れません(準備は面倒ですが・・・)。
 IMG_20171102_183657.jpg
塗りあがった車体に台車と連結器を居ても経っても居られず取り付け。
気が付けば辺りは真っ暗。今日の作業はここまでのようです。

イチからチキ5200を作ろう⑩ 16番(HO)

2017年 12月09日 13:08 (土)

今週もあっという間に週末が来てしまいました。年末という事も有って大掃除がてら部屋の模様替えも平行して行っています。とても一日でどうこうなる話ではないので計画的に作業中。
新規に模型には一切触れられない状況ですので、現状の出来高でのご報告を致しましょう。どうぞお付き合い下さい。
前回でプラ材から構成した部品で塗装工程で邪魔にならないものは全て装着しました。今回からは金属パーツを取り付けて行きます。
    IMG_20171013_151621.jpg
今回大活躍の道具はヤットコです。普通のペンチでは滑り止めが真鍮材を傷めるので御法度です。(最近の子はヤットコ知らない子が居るからなー)
KSモデルの真鍮帯1.0×0.3㎜をえいヤッと曲げて標識掛けを作ります。大してディテールの無い端梁部なので、こんなものでもかなり細密な感じになります。実際に後部標識も掛けられて一石二鳥。
   IMG_20171101_135554.jpg
実際に突放で投げられたら、しがみつくのも恐そうなチキ車の心許無い手摺は真鍮線から。
強度の確保からφ0.4㎜を使っています。ヤットコだけでも作れますが、同じ形と大きさが作り辛いので冶具を使います。ホビーモデルの貨車を作ると穴の開いた真鍮板が付いて来ますが、これは手摺を曲げる為のもの。捨てないで保管しておきました。欲しいピッチが無ければドリルで穴を任意で増やせば問題解決。それを用いて出来上がったものが上の写真です。
   IMG_20171102_101134.jpg
実車は以外と複雑は保持機構を持っていますが、経験上塗装すると何やら判然としなくなるので瞬間接着剤で芋付けです。
ブレーキ機構も軸は真鍮線と帯材を併用で固定。適宜プラ材も足して強度を確保してあります。
 IMG_20171102_101347.jpg
いよいよ車体が完成しました。
こんな枠だけの車でも意外と時間が取られるものです。でも、やめられないのよね完成の喜びを知ると♪
次回塗ります。

イチからチキ5200を作ろう⑨ 16番(HO)

2017年 12月01日 13:23 (金)

年末商戦に向けて小売店やメーカーもこぞって商品ラインナップを見直す時期が来ましたが、幸運?な事に16番に関しては散在しなくて済みそうです。今有る在庫だけで凌げそうです。少しレールを買おうかな・・・
さてチキ5200も折り返し地点。部品の切り出し、調整が済みましたので組み立て開始です。
  IMG_20171001_155622.jpg
仮組みを何度もしているのでサクッとここまでは行きます。ただ実際組むと接着剤の収縮等で予期せぬ不具合が出てきて、リカバリーに神経を使います。
  IMG_20171007_074427.jpg
足踏みブレーキ周りはこんな感じ。
    IMG_20171013_145151.jpg
天板の窪んだ所には板を嵌め込んで行きます。本当は縞鋼を表現して入れ込みたいのですが、エバグリーンもプラストラクトもオーバースケールで良い感じの材が見つからず、今回は普通の0.3㎜プラ板で妥協です。ただ点検蓋はヒンジと脱落防止の棒だけは表現してせめてもの抵抗をしてみました。いつか良い解決方法が見つかった時の為、これだけはゴム系接着剤で固定予定です。
次回は金属パーツの取り付けです。塗装まであと少し!!