FC2ブログ

08月 « 2020年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

西武351系引退から今日で丸30年。

2020年 06月23日 12:19 (火)

30年前の今日1990年6月23日、西武鉄道最後の釣り掛け電車として3編成残されていた351系のさよなら運転が行われました。
多摩湖線の国分寺駅が狭小地に有り、大型車の入線を拒み続けた結果でしたが、区画整理を伴う駅の改良が完成し、20m級車体の4連化が行われ役目を終えました。引退のヘッドマークを掲出していた期間の沿線は引退を惜しむファンで大盛況だった様ですが、この時分は多摩地区から離れていた為、残念な事に自分で撮った写真が有りません。
直接乗る機会は遊園地の花火を見に行く時程度でしたが、小学生の頃、通学途中の中央線の窓から上を見ると、競輪の看板の脇からちょこんと顔を出すクモハ351の姿を今でも思いだします。
 IMG_20200415_081213.jpg
実車の最後は見送れませんでしたが大好きな西武電車、Nゲージでは鉄道コレクションの第4弾が発売された時、大井川の312系を三扉化とクハ1311をアルミサッシ化する事で一編成錬成しています。
 IMG_20200623_110732.jpg
これは雑誌にも載せてもらった自慢の車両でもあります。
    IMG_20200415_081454.jpg
が、鉄コレの商品展開の細分化の影響か、プラ製品では望むべくも無いと思っていた旧型車がどんどん製品化、351系もお手頃価格(今はだいぶ高くなりましたが…)で製品化されたのを見るにつけ、もうNは改造して云々というジャンルじゃないんだな…とも思った次第。
 IMG_20200417_111957 (1)
先日、会社の同僚から「前にあげた西武351はどんな感じ?」という話になり…でしたが、そう、彼の言わんとする所は、3年前に渡したとれいんに付属の形紙はどうなった?という事でした。未だ平面のまま塩漬けになっているとは言い難く、不足する反対側の先頭車と作り方を学ぶ為、Amazonでとれいんのバックナンバーをぽちったのは言うまでも有りません。
実車の引退から30年、我が家の鉄道に3編成めに大きな351系が登場予定です。慣れない紙という素材相手ですが試行錯誤取り組んで行きますので、宜しくお願いいたします。
 
スポンサーサイト



久しぶりの更新、鉄コレ西武401を愛でる

2018年 12月05日 10:48 (水)

前回更新からまたしても日が空いてしまいましたが、更新が面倒になった訳ではないのですよ!!
本当に忙しいいんだからねっ!!
と、良い訳をしつつ前回の続きです。
今回の鉄コレ27弾は大手私鉄の機器流用の車両という事なのでしょうか?近鉄も?
 IMG_20181126_130556.jpg
西武の401系は省線由来のストックパーツから新車を生み出す手法の最後の方になります。
釣り掛け駆動の411系として誕生した後、主に編成を組むと想定された701系、801系のブレーキのシステム変更、冷房化を契機に、カルダン駆動に変更を行い401系(2代目)となりました。
そんな401は途中で側面のデザインが途中で変わり張り上げ屋根風になったものが、今回の27弾にアソートされたものです。
 IMG_20181126_130032.jpg
左が今回の27弾、右が以前、事業者限定で発売されたものです。
今回のプロトタイプはクモハ427、428でこの編成のみが、張り上げ屋根タイプでHゴム止めの客扉を持っています。恐らくガラスパーツを流用する為、この車番になったのかな…と推測しています。
因みにドアが入れ替わった相手が、クモハ423、424と言われています。
 IMG_20181126_130257.jpg
色見は今回の製品が全体的に明るめで、退色が始まった感じ、若しくは屋根色は後年濃い目のものに変更になっているのと、黄色も色見が変わっているという話も聞くので、それを表現したとも取れます。
流石に切妻のサッパリボディーですから、無難な仕上がりです。他の3扉車と混ぜて遊ぶ為N化はしようと思います。
これもグリマのキットで作ったのは懐かしい思い出…

ここからは趣向を変えて、むかーしに撮った401の写真を載せておきます。
酷い写真が多いですがご容赦下さい。
 morisanchu035mokei.jpg
ブレテるは信号機は邪魔やらで何とも…
国分寺を出て日立の研究所脇の辺りです。ここから暫く複線区間。401を先頭に後は801です。
 morisanchu002mokei.jpg
引退前に横瀬まで走った時だと思います。駅は何処だろう…
 morisanchu053mokei.jpg
東村山の駅かな。屋根の高さの違いが判ります。因みに右は801です101系では有りません。
 morisanchu064mokei.jpg
今の機材でこの頃に戻りたいと思う人は多いんでしょうね…
まだ私鉄もJRも面白い車が沢山残ってました。そんな20年以上前のお話…

久しぶりの更新、久しぶりに鉄コレ購入♪

2018年 11月26日 18:34 (月)

仕事で新規プロジェクトやらでなかなか更新がままならなくなったのと、制作途中の作品の部材が入手出来ずストップしている事も相まって、だいぶ日が空いてしまいました(悲)
でも久しぶりにお休みなので更新スタートです。
表題にも有りますが、こちらも久しぶりに購入したトミーテックの鉄道コレクション27弾を買ってみました。久しぶりに自分で買った1/150の模型です。
   IMG_20181126_123559.jpg
自分がNの加工を止めた要因の一つでもあります… だって作業を始めると製品化予告が出るんですもの…
  IMG_20181126_124512.jpg
では御開帳。
ホントにこの並びで入ってました。おみくじ買いでも編成で揃えられそうです(笑)
   IMG_20181126_125022.jpg
名鉄7300系も好きな電車の一つ。
居住空間に意を払いつつもシンプルな平妻、釣り掛け駆動と作り手の愛を感じます。
   IMG_20181126_125142.jpg
近鉄は苦手なジャンル。
海の物とも山の物ともつきません。格好良いいんですけどね(笑)
   IMG_20181126_125344.jpg
相鉄も詳しくないのです。機器流用の車だということ以外知識無しorz お恥ずかしい限り…
   IMG_20181126_125515.jpg
東武は辛うじて判ります。5050系は生越線に残っていた頃に見た事が有る位ですが…
見た目とは裏腹に、7800系譲りの釣り掛け音はさぞや楽しい?走行だったことでしょう。
   IMG_20181126_125808.jpg
ではなぜ、実車に愛着が希薄な車を保有するのにボックス買いしたかというと…
本命のこちら、西武401系!!
本当は大きな方で欲しいですけどなかなか…
以前、事業者限定で初期車が出ていますが、今回は後期の張り上げ屋根車です。懐かしい…
夏場、花火を見に西武遊園地に行く時、351系と401系とどちらが来るか楽しみにしたものです。
もう少し語ろうかな…

思い出した様にマイクロエース西武4000系をTN化

2017年 09月24日 18:28 (日)

突然のNゲージシリーズです。
近々、会社の同僚と貸しレイアウトに遊びに行く事になりました。大多数の鉄道模型好きがそうで有る様に、こういう場合は自動的にNゲージになります。国鉄型は大分削減して16番に移行しましたが、私鉄車両はまだ相当数保有しております。今回は沿線ファンの集いなので西武限定と相成りました。はてさていそいそと準備を進めて居りましたが、ふと気になったのがマイクロエースの4000系です。
 IMG_20170924_151108.jpg
マイクロエースの割りにはよく出来たお顔で結構気に入っていますが、スカート周りがダサいので交換用にグリーンマックスの2000系用を買っておいたのを思い出しました。この機会を逃したら多分そのままになってしまいますので、早速作業開始!!
TNカプラーを他所からもぎ取り充当した姿が左側の車両。大分良くなります。イケ面です。
 IMG_20170924_145020.jpg
ではタネ明かし。
そのまま取り付けたのがこちらですが、このままだと1㎜程長くなり床が嵌りません。
 IMG_20170924_150516.jpg
1.5㎜のドリルとヤスリでGMの2000系用スカートパーツの穴を拡げます。取り付けが渋めなのでこれくらい大らかな加工でも全く問題有りません。TNカプラーをゴム系接着剤で固定してからパチンと嵌め込めば完成です。

折角の工作でしたので記事にしておきました。また何か思いつたらNゲージも時々弄りたいと思います。

わかるかなぁ、わかんねぇだろうなぁ

2017年 04月10日 14:25 (月)

松鶴家千とせみたいな入り方ですが、預かっていたKATOの東急5050系4000番台を仕上げました。
オーダーは前回書いた様に番号の変更でしたが、そのままではつまらないので、トップナンバー編成に仕上げました。
IMG_9318.jpg
4104Fまでは6号車が余剰車の組み込みの為、他車のステンレス鋼体がヘアライン仕上げなのに対し、この号車のみが窓周りがダルフィニッシュと特徴が有る為、ぜひ表現したいとオーナーに許可を貰った次第。
ガイアノーツのフラットクリアーに微量の白を加えたものを吹いてみましたがウーン・・・・ツヤの差は出ているけれど判り辛いカナー
実物を見ると明らかな違いを感じ取れますが、模型では誇張して色自体を変えないと判らないのかも知れません(脳内補正もはいりますし)。追い討ちを掛けるようにNでは大きさも無いので、こういう表現は向かないのかも知れません。
IMG_9326.jpg
先頭車は至って普通に仕上げました。
そうそう、今回、製品のナンバーの剥離にはユニクリーナーを使っています。下地をほとんど傷めませんが、綿棒でこする為車両によってはツヤに差が出るので、もし同じような加工をされる方は、見えない所で試してからが良いと思います。因みにツヤツヤステンレスは大丈夫でした。
それにしても、N小さい・・・・